スマートフォンに「電池切れ」は付き物です。長時間使っていると、バッテリーの残量がみるみる減って気が気でないという人も少なくないのではないでしょうか。

そんな時はスマートフォンを「省電力モード」に設定しましょう。省電力モードは、一部の視覚効果やサウンドを無効にしたり、バックグラウンドアプリの動きを制限したりして消費電力を節約できる機能です。バッテリーの持ち時間が長くなるので外出中でも安心です。

省電力モードの設定は非常に簡単なので、まだ使ったことがないという人は、以下の手順をチェックしておきましょう。下記の手順はAndroid7.0がインストールされたファーウェイ(HUAWEI)Honor8で解説します。

1[設定]アプリを起動する

アンドロイドの[設定]アイコン

[設定]アイコンをタップして設定アプリを起動します。

2[設定]画面が表示された

アンドロイド版[設定]画面

[設定]画面が表示されたら、画面を下にスクロールして[電池]をタップしましょう。

3[電池]画面が表示された

アンドロイド版[電池]画面

[電池]画面に電池残量と残り時間が表示されます。ここで[表電力モード]をタップしてオンにすると、省電力モードが有効になります。

HINT電池残量が少ないときは[ウルトラ省電力]で!

[省電力モード]の下にある[ウルトラ省電力モード]を使えば、電池の持ちがさらによくなります。ただし、ウルトラ省電力モードでは一部のアプリだけしか使えません(初期状態では[電話][メッセージ][連絡先]の3つ。ただし追加もできる)。

[ウルトラ省電力]を選択する画面

[ウルトラ省電力]をタップすれば、ウルトラ省電力モードが有効になります。