アメトーークでおなじみ"iPhone芸人"の本
iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone
(Amazon)

勝手に"弱Wi-Fi"につながないで!を叶える新機能

公衆無線LANサービス(無料Wi-Fiスポット)の普及により、外出先での通信環境はたいへん便利になりました。ただ一方で、無料のWi-Fiスポットの中には通信速度が遅くて不安定なサービスも少なくありません。

こうした「弱Wi-Fi」に自動接続されてかえって不便になることを皮肉った、コラムニストのジェーン・スーさんによる以下のツイートも話題になりました。

iOS 11では、Wi-Fiネットワークごとに自動接続するかどうかを自分で設定できるようになりました。この機能を使って「弱Wi-Fi」への自動接続をオフにしておけば、以後iPhoneが自動的に弱Wi-Fiに接続することはなくなります。

Wi-Fiスポットに接続したものの通信が不安定だったり速度が不十分だったりしたときは、以下の手順で自動接続をオフにするといいでしょう。

1iPhoneの[設定]アプリを起動する

iPhone(アイフォン、アイフォーン)のホーム画面にある[設定]アプリのアイコン

iPhoneのホーム画面で[設定]アイコンをタップして[設定]アプリを起動します。

2設定の[Wi-Fi]画面を表示する

iPhone(アイフォン、アイフォーン)の[設定]画面

iPhoneの[設定]画面が表示されたら、[Wi-Fi]をタップします。

3[Wi-Fi]画面が表示された

iPhone(アイフォン、アイフォーン)の[設定]→[Wi-Fi]画面

[Wi-Fi]画面が表示されたら、接続中のWi-Fiネットワークの右にある[i]アイコンをタップします。

4Wi-Fiネットワークの自動接続をオフにする

iPhone(アイフォン、アイフォーン)のWi-Fiネットワークの設定画面

選択したWi-Fiネットワークの詳細画面が表示されます。この画面で[自動接続]をタップしてオフに設定すれば操作は完了です。

こうして自動接続をオフにすれば、次回そのWi-Fiネットワークが検出されても自動接続されなくなります。Wi-Fiネットワークごとにオンとオフを使い分けられるので便利です。