アメトーークでおなじみ"iPhone芸人"の本
iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone
(Amazon)

「カレー」や「ラーメン」の写真だって一発で検索!

iPhone/iPadの[写真]アプリは、写真の内容(何が写っているのか)や撮影場所などで検索できることをご存知ですか? たとえば、「ラーメン」で検索すると、iPhoneに保存されている大量の写真の中から一発でラーメンの写真だけを検出してくれるのです。

被写体の検索にはアップルが開発したAI(人工知能)が使われています。時には検索語と異なる写真を検出してしまうこともありますが、まだ発展途上の機能なので長い目で見守ってあげてくださいね。

iPhoneの写真アプリで写真の内容を検索する操作の流れ

  1. [写真]アプリを起動して[検索]アイコンをタップ
  2. 検索ボックスに検索語を入力して検索を行う

画面付きの使用例と詳しい解説は下記をご覧ください。

写真の被写体を検索する方法

はじめは「被写体」、つまり「写真に何が写っているのか」で検索してみましょう。ここでは例として「カレー」を検索して、カレーライスが写った写真が正しく検出されるか検証を行います。

1iPhoneの[写真]アプリを起動する

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリのアイコン

iPhoneのホーム画面で[写真]アイコンをタップして、[写真]アプリを起動します。

2[写真]アプリの[検索]アイコンをタップする

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリの画面

[写真]アプリが起動したら、画面の右上にある[検索]アイコンをタップしましょう。

3検索ボックスに検索語を入力する

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリの検索ボックスに検索キーワードを入力している画面

画面の上部に検索ボックスが表示されるので、検索語を入力しましょう。今回はカレーライスを撮影した写真を検索するので「カレー」と入力します。検索語を入力したら[確定]キーをタップして検索を行います。

4検索結果が表示された

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで検索を行った結果の画面

検索語にマッチした写真が検索結果として表示されました。検索結果をタップして、どのような写真が検出されたのか確認してみましょう。

5検索された写真を確認する

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリの検索結果を確認している画面

検索結果の写真がサムネイル表示されました。今回は正確にカレーの写真が検出されたようです。

HINT「撮影場所」でも検索できる

iPhoneの[写真]アプリでは、写真の被写体だけでなく「撮影場所」でも検索が可能です。GPSデータに基づき検索が行われるため結果も正確です。

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで写真の撮影地で検索を行っている画面

[写真]アプリの検索ボックスに、検索したい撮影場所を入力します。入力が終わったら[確定]キーをタップして検索を行います。

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで撮影場所で検索した結果の画面

検索結果が表示されました。タップして写真を確認してみましょう。

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで撮影場所で検索した写真

検出された写真が表示されました。画面の上部に撮影場所や撮影日時も表示されます。