自分(親)が使わなくなったiPhoneを、小学生の子どもにお試しで使わせたい。でも、子どものiPhoneは親が管理できないと、何かと心配ですよね。

そんなときはファミリー共有の機能を使い、子どものApple IDを新しく作成しましょう。通常、Apple IDは13歳未満のユーザーは作成できませんが、親のApple IDと紐付いた形であればOK。アプリの購入を管理したり、位置情報を取得したりできるようになります。

また、LINEなどのアプリをインストールせず、iPhoneの標準機能(FaceTimeオーディオ)だけで無料通話が可能になるなど、データ専用の格安SIMでも便利に使えます。本格的にスマホを持たせる前に、料金を抑えて使わせる目的にピッタリです。

子どものApple IDの作成方法は以下の通り。操作手順が多いので、時間があるときに一気にやることをおすすめします!

1[Apple ID]を表示する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

iPhoneの[設定]を起動し、 自分の名前(Apple ID)をタップします。

2[ファミリー共有]を表示する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

ファミリー共有を設定]をタップします。

3ファミリー共有の設定を開始する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

[今すぐ始める]をタップします。

4ファミリー共有の機能を選択する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

ファミリー共有でできることが表示されました。どれを選択してもかまいませんが、ここでは[iTunes & App Storeの購入]をタップします。

5ファミリー共有の管理者を確認する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

[アカウントの確認]で[続ける]をタップします。このあと、[お支払い方法(家族共通)]でも[続ける]をタップします。

6ファミリーメンバーを招待せずに戻る

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

[ファミリーメンバーを招待]が表示されました。すでにApple IDを持っている人を招待できますが、ここでは子どものApple IDを新たに作成するので[後で行う]をタップします。

7子どもをファミリーメンバーとして追加する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

[ファミリー共有]の画面に戻ったら、[ファミリーメンバーを追加]をタップします。

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

続いて[お子様用アカウントを作成]をタップしましょう。さらに[お子様のApple IDを作成する]と表示されるので、[次へ]をタップします。

8子供の誕生日を選択する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

子どもの誕生日を選択し、[次へ]をタップします。

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

続いて[保護者プライバシー同意書]を確認し、[同意する]をタップします。

9セキュリティコードを入力する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

親のApple IDで登録しているクレジットカードのセキュリティコード(裏面などにある3桁の数字)を入力し、[次へ]をタップします。

10子どもの名前、Apple ID、パスワードを入力する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

子どもの名前を入力し、[次へ]をタップします。続いて...

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

子どものApple IDとなるメールアドレスを作成します。「@icloud.com」より前の部分を入力し、[次へ]をタップしましょう。さらに、次の画面でパスワードを入力して[次へ]をタップしします。

11秘密の質問を3つ入力する

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

まだ続きます。パスワードを忘れたときなどのために、自分(親)だけがわかる秘密の質問を3つ設定しましょう。

12[承認と購入のリクエスト]をオンにする

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

[承認と購入のリクエスト]をオンにし、[次へ]をタップします。これは子どもが勝手にアプリを購入できないようにするための設定なので、必ずオンにします。

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

続いて利用規約を読み、[同意する]をタップします。このあとの確認メッセージでも[同意する]をタップしましょう。

13子どものApple IDが作成された

子ども(13歳未満)のApple IDを作成する方法。アプリの購入管理やFaceTimeが可能に!

子どものApple IDが作成され、ファミリー共有の中に表示されました。

いかがでしたか? 2人目以降の子どものApple IDを作成したいときは、[ファミリーメンバーを追加]から操作を繰り返せばOKです。将来、子どものためにわかりやすいメールアドレスを取っておく目的にも役立ちそうですね。

関連まとめ記事