動きが見える! 1分動画で操作をチェック

このページでは、「できるExcel&PowerPoint 2016 仕事で役立つ集計・プレゼンの基礎が身に付く本 Windows 10/8.1/7対応」の紙面と連動した動画を視聴できます。

以下の動画インデックスで見たいレッスンをクリックすると、そのレッスンの動画がある位置まで自動的にスクロールします。各動画の再生時間は約1分です。

動画インデックス

ご注意

  • 動画を再生すると効果音やBGMが流れます。音量にご注意ください。
  • 動画はできるネットのYouTube公式アカウントで公開したものを、このページに埋め込んで表示しています。動画の再生終了後には、YouTubeがおすすめする関連動画が表示されます。

Excelオートフィル

連続したデータを入力するには

予定表の日付と時刻を、「オートフィル」の機能で入力してみましょう。まず連続データの「基点」となるセルを選び、それからフィルハンドルをドラッグします。

▲動画インデックスに戻る

Excel列の幅、行の高さ

列の幅や行の高さを変えるには

入力した予定があふれて隣の列にはみ出しているセルがあると、表が見えにくく、内容が分かりにくくなります。このレッスンでは、列の幅と行の高さを変更します。

▲動画インデックスに戻る

Excel数式のコピー

数式をコピーするには

入力した数式をコピーしてみましょう。フィルハンドルをドラッグするだけで、数式中のセル参照が自動的に修正され、計算結果に反映されます。

▲動画インデックスに戻る

Excel条件付き書式

条件によって書式を変更するには

セルの値や数式の計算結果を条件に、セルの書式を自動的に変えられます。ここでは構成比が10%以下のとき、そのセルを「緑の背景と文字」で表示します。

▲動画インデックスに戻る

Excelグラフの種類の変更

グラフの種類を変えるには

2つの折れ線グラフの数値に違いがあり過ぎ、データの関係性が分かりにくくなっています。そこで、値の小さい折れ線グラフを棒グラフに変更し、目盛りを追加して見やすいグラフにします。

▲動画インデックスに戻る

PowerPoint[アウトライン表示]モードでの入力

[アウトライン表示]モードでの入力

スライドを1枚ずつ作り込む前に、[アウトライン表示]モードでプレゼンテーションの骨格を作ります。ここでは、3枚目以降のスライドにタイトルだけ入力します。

▲動画インデックスに戻る

PowerPointSmartArt

図表を作成するには

組織図や流れ図などの概念図を作成するには、[SmartArt]の機能を使います。ここでは、入力済みの箇条書きを[循環マトリックス]の図表に変換します。

▲動画インデックスに戻る

PowerPoint画面切り替え

スライドが切り替わるときに動きを付けるには

スライドショーでスライドが切り替わるときの動きを設定しましょう。ここでは、左右に開く動きからスライドが飛び出してくる[扉]という動きを設定します。

▲動画インデックスに戻る

PowerPointテキストのアニメーション

項目の文字にアニメーションを設定するには

スライドショーでスライドをクリックするたびに、項目の文字を1行ずつ順番に表示する動きを設定します。文字が読みやすい動きを付けましょう。

▲動画インデックスに戻る

PowerPoint発表者ツール

発表者専用画面でスライドショーを実行するには

スライドショーでは、聞き手に見せる画面とは別に発表者専用の画面を利用できます。この画面を利用した機能のことを「発表者ツール」と呼びます。

▲動画インデックスに戻る

Excel&PowerPoint並べて比較

2つのブックを並べて比較するには

2つのブックを見比べて確認するとき、並べて表示すれば作業がはかどります。このレッスンでは、2つのブックを1画面に並べて表示する方法を解説します。

▲動画インデックスに戻る

Excel&PowerPointOneDriveから開く

OneDriveに保存したブックを開くには

OneDriveに保存したブックは、パソコンに保存したブックと同様に、簡単に開けます。このレッスンではOneDriveにあるブックをExcelで開く方法を解説します。

▲動画インデックスに戻る

Excel&PowerPointExcel Onlineで編集

共有されたブックを編集するには

OneDriveにあるブックは、そのままWebブラウザーで閲覧や編集ができます。また必要に応じて、Excelを起動して編集することも可能です。

▲動画インデックスに戻る