複雑な設定は一切必要ナシ

2020年2月以降、連日のようにニュースを騒がせている新型コロナウイルス。電車や職場での感染から身を守るため、自宅などで業務を行う「テレワーク」(リモートワーク)を推奨する企業が増えています。3月からは全国の小・中学校が一斉休校となり、両親で交互にテレワークを考えている家庭も多いのではないでしょうか。

テレワークというと、ITの専門知識や難しい設定が求められそうに感じますが、現在では在宅での業務を簡単に実現できるツールが登場してきています。その1つが、Googleが提供する「Chromeリモートデスクトップ」です。

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

Chromeリモートデスクトップの起動画面。必要なのはWebブラウザーの「Chrome」とGoogleアカウントのみで、誰でも無料で使えます。

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

例えば、自宅にあるパソコンのChromeの画面内で、職場にあるパソコンを遠隔操作できます。

ここではChromeリモートデスクトップを職場のパソコンにインストールし、自宅のパソコンからリモートアクセス(遠隔操作)する方法を紹介します。

Chromeは職場と自宅の両方のパソコンに必要なので、あらかじめインストールしておいてください。Googleアカウントは、ふだん使っているGmailのアドレスとパスワードがそのまま使えます。

設定からリモートアクセスまでの一連の操作手順を、以下で見ていきましょう。

職場のパソコンの準備をする

まずは職場のパソコン(遠隔操作される側)に、Chromeリモートデスクトップをインストールします。Chromeウェブストアから入手可能です。

Chrome Remote Desktop

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

上記のURLをクリックするか、Chromeウェブストアで「Chromeリモートデスクトップ」と検索してください。

Chromeリモートデスクトップの設定

続いて、職場のパソコンでChromeリモートデスクトップの設定を行います。アドレスバーの右側に表示されるアイコンをクリックしてください。

1Chromeリモートデスクトップの設定を開始する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

Chromeのアドレスバーの右側にあるChromeリモートデスクトップのアイコンをクリックし、[リモートアクセス]をクリックします。

2アプリのインストールをキャンセルする

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

初回起動時は、上記画面の右下にあるポップアップが表示されます。これはChromeとは独立したウィンドウで、Chromeリモートデスクトップを利用するかの確認です。あとからインストールすることもできるので、ここでは[インストールしない]をクリックします。

3リモートアクセスを許可する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

[リモートアクセスの設定]で[オンにする]をクリックします。

4パソコンの名前を設定する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

現在(職場)のパソコンに名前を設定します。こうすることで、リモートアクセスするときに、ほかのパソコンとの区別が付きやすくなります。設定後に[次へ]をクリックします。

5PINを設定する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

リモートアクセス時のパスワードとなる「PIN」を設定します。6桁以上の任意の数字を指定し、[起動]をクリックします。

6設定が完了した

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

設定が完了しました。先ほど入力したパソコンの名前に「オンライン」と表示されています。

電源とスリープの設定

ここまでの設定で、自宅のパソコンからリモートアクセスすることは可能なのですが、もう1つやっておきたいことがあります。職場のパソコンのスリープ対策です。

Windowsの標準設定では、一定時間にわたってパソコンを操作していないと、自動的にスリープ→休止状態となります。職場のパソコンがスリープしてしまうと、自宅からのリモートアクセスができなくなるため、電源とスリープの設定をあらかじめ変更しておく必要があるのです。

また、リモートアクセス時には、職場のパソコンのディスプレイが他人から見えない状態になっているのが望ましいでしょう。この設定も変更しておきます。

7[電源とスリープ]画面でスリープを[なし]にする

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

Windowsの[設定]画面を表示し、[システム]→[電源とスリープ]の順にクリックします。続いて[スリープ]の項目にある時間を[なし]に設定します。上記画面では「バッテリー駆動時」と「電源に接続時」の両方を[なし]にしていますが、後者のみでもいいでしょう。

これで、職場のパソコンは手動で操作しない限り、常に起動したままの状態になります。デスクトップパソコンの場合は、これに加えてディスプレイの電源をオフにしておけば準備完了です。

ノートパソコンの場合は、さらに[電源の追加設定]からカバーを閉じたときに[何もしない]設定にしておきます。これにより、カバーを閉じてディスプレイが見えない状態にしつつ、パソコンを起動したままに保つことができます。

8[電源オプション]画面を表示する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

[電源とスリープ]画面の下部にある[電源の追加設定]をクリックし、[電源オプション]を表示します。ここで[カバーを閉じたときの動作の選択]をクリックします。

9[カバーを閉じたときの動作]を設定する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

[カバーを閉じたときの動作]から[何もしない]を選択して[設定の保存]をクリックします。ノートパソコンのカバーを閉じても、パソコンは起動したままになります。

自宅のパソコンからアクセスする

職場のパソコンでの設定が完了したので、今度は自宅のパソコン(遠隔操作する側)を操作します。職場のパソコンと同じGoogleアカウントでChromeにログインし、Chromeリモートデスクトップもインストールしておいてください。

Chromeリモートデスクトップを起動すれば、すぐにリモートアクセスができる状態になります。

10職場のパソコンに接続する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

Chromeリモートデスクトップのアイコンをクリックして起動し、前述の手順で設定した職場のパソコンの名前をクリックします。

11職場のパソコンにログインする

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

職場のパソコンで設定したPINを入力し、[→]をクリックします。次回以降、PINの入力を省略したいときは、[このデバイスにPINを保存します。]にチェックを付けておきます。

12職場のパソコンにアクセスできた

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

職場のパソコンにリモートアクセスできました。Chromeの画面内に、職場のパソコンのデスクトップが表示されています。

全画面表示にする

Chromeリモートデスクトップのオプション設定を見ていきましょう。特に「全画面表示」は必須で、Chromeのアドレスバーなどを非表示にできるため、まるで職場のパソコンをそのまま操作しているように扱えます。

13オプションを表示する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

Chromeリモートデスクトップの画面右端にある[<]をクリックすると、オプションが表示されます。

14全画面表示に切り替える

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

オプションが表示されました。[全画面表示]にチェックを付けます。

15全画面表示に切り替わった

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

Chromeリモートデスクトップが全画面表示に切り替わり、職場のパソコンのデスクトップが、自宅のパソコンのディスプレイいっぱいに表示されました。

リモートアクセスを終了したいときは、オプションのいちばん上にある[切断]をクリックしてください。全画面表示を終了し、Chromeのタブを閉じてもOKです。

ファイルのやりとりをする

職場と自宅のパソコンで、ファイルをやりとりすることも可能です。職場から自宅へのダウンロード、自宅から職場へのアップロードの両手順を見ていきます。

なお、以降はChromeリモートデスクトップの表示をウィンドウに戻して操作しています。

16職場のパソコンからファイルをダウンロードする

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

まずは職場から自宅へのダウンロードです。自宅のパソコンからリモートアクセスし、Chromeリモートデスクトップのオプションにある[ファイルをダウンロード]をクリックします。

17ダウンロードするファイルを選択する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

職場のパソコンからダウンロードしたいファイルを選択し、[開く]をクリックします。

18ファイルをダウンロードできた

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

ファイルをダウンロードできました。ファイルの保存場所は、Chromeでダウンロードしたファイルを保存するフォルダーを同じです。標準では[ダウンロード]フォルダーとなります。

19ファイルをアップロードする

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

今度は、自宅から職場へのアップロードです。自宅のパソコンで、Chromeリモートデスクトップのオプションにある[ファイルをアップロード]をクリックします。

20アップロードするファイルを選択する

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

アップロードするファイルを選択し、[開く]をクリックします。

21ファイルをアップロードできた

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

ファイルをアップロードできました。ファイルの保存場所はデスクトップです。

以上、職場と自宅を想定したChromeリモートデスクトップの使い方を解説しました。

職場のパソコンを自宅に持ち出し、社内のファイルサーバーなどにアクセスするには、VPNなどの高度な設定が必要になるでしょう。しかし、職場のパソコンにあるファイルを適宜参照しながら、メインの作業は自宅のパソコンで行うのなら、Chromeリモートデスクトップが最適です。

また、自宅のパソコンに職場ほどの性能がなくても、ネットワーク(通信環境)さえ安定していれば、スムーズな操作が可能です。テレワークを実現する手段の1つとして、ぜひ試してみてください。

HINTスマートフォンからでも操作可能

Chromeリモートデスクトップは、スマートフォンでも利用可能です。ちょっとした確認作業のほか、職場のパソコンを設定後、本当にリモートアクセスが可能かをすぐにチェックしたいときにも便利です。

Chromeリモートデスクトップ
iPhone(App Store)
Android(Google Play)

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

「Chromeリモートデスクトップ」アプリを起動し、接続先のパソコンを選択してPINを入力します。

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

パソコンのデスクトップが表示されました。スマートフォンを横向きにすれば、パソコンのディスプレイに近い感覚で操作できます。