見せたくない自宅の様子を手軽に隠せる

テレワーク(リモートワーク/在宅勤務)の広がりにより、会議や打ち合わせを対面ではなく「Web会議」(ビデオ会議)で行うことが増えてきました。「Zoom」や「Google Meet」(旧称:Hangouts Meet)といったサービスを実際に使った経験がある人も多いのではないでしょうか?

しかし、自宅からWeb会議に参加するときには、どうしても背景の様子が気になってしまいます。あまり生活感のあるものは映したくないですし、壁や窓だけが背景になるように位置を調整できればいいのですが、それが難しいこともあるでしょう。

そこでオススメしたいのが「Snap Camera」です。これはPCのカメラで撮影している映像をリアルタイムで加工できるWindows/Mac両対応のアプリで、目を大きくしたりエイリアンに変身したりと、いわゆる「盛る」ための機能が充実しています。スマホアプリの「SNOW」に近いイメージです。

ただ、Snap Cameraでは人物の背景だけを加工することもでき、自宅の様子を隠して別の場所にいるように見せることも可能です。例えば、以下はGoogle Meetの画面ですが、背景のビーチはもちろん本物ではなく、実際には自宅の部屋です。

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Web会議の相手に見せるには忍びない自宅の様子を、別の風景などを映すことで隠せます。

Zoomには、これと同様の「バーチャル背景」(仮想背景)という機能が標準でありますが、要求されるPCのスペックが高く、満たせない場合にはグリーンスクリーンが必要になります。Snap Cameraで要求されるスペックは比較的低く、例えばCPUは「Intel Core i3 2.5Ghz」以上など、自宅にあるPCでも満たしやすくなっています。

ここではWindowsPCを例に、Snap Cameraのインストールと使い方を見ていきましょう。

関連リンク

Snap Camera

Snap Cameraをインストールする

まずはSnap Cameraをインストールします。注意点として、Snap Cameraは標準でスタートアップに追加され、PCの起動中に常駐するようになります。この設定を変更するには、本記事末尾のHINTを参照してください。

1Snap Cameraをダウンロードする

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Snap Cameraのサイトにアクセスし、[Download]をクリックします。すると上記の画面になるので、動作環境と利用規約を確認しましょう。利用規約への同意、メールアドレスの入力、[私はロボットではありません]のチェックを済ませたら、WindowsPCの場合は[DOWNLOAD FOR PC]をクリックします。

2インストーラーを起動する

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

ダウンロードしたインストーラーを起動し、[Next]をクリックします。続けてインストールする場所などを選択しますが、特にこだわりがなければ標準のままで構いません。

3インストールを開始する

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

[Install]をクリックするとファイルのコピーが開始されるので、しばらく待ちます。

4インストールが完了した

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

インストールが完了しました。[Finish]をクリックして閉じます。

Snap Cameraのレンズを選択する

Snap Cameraでは、背景やエフェクトといった加工の設定のことを「Lens」(レンズ)と呼びます。ビジネスでのWeb会議に適したレンズを探してみましょう。

5Snap Cameraを起動する

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Snap Cameraを初めて起動すると、イントロダクションが表示されます。[Next]をクリックして先に進めましょう。

6レンズを選択する

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Snap Cameraのホーム画面が表示されました。試しに「Pickle Me」というレンズを選択すると、自分がピクルスに変身します。ただ、ビジネスでのWeb会議で使うには、ちょっとふざけすぎですね。

7レンズを検索する

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Web会議向きのレンズを探すには、「work from」や「work from home」、「WFH」(Work From Homeの略語)などのキーワードで検索するといいでしょう。気になるレンズをクリックして選択します。

8お気に入りのレンズを探す

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

背景が会議室になるレンズで、自宅を様子を隠すことができました。気に入ったレンズは[☆]をクリックして[Favorites]に追加しておくといいでしょう。

Snap CameraをZoomやGoogle Meetで使用する

Snap Cameraは、ZoomやGoogle Meetで選択できるカメラの1つとして認識されます。あらかじめSnap Cameraを起動しておき、Web会議の開始前や実施中に、カメラの設定からSnap Cameraを選択すればOKです。

Zoomの場合

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Zoomでは、Web会議に参加する前に[設定]画面を表示し、[ビデオ]をクリックします。続いて[カメラ]で[Snap Camera]を選択しましょう。標準でこの設定になっているはずです。

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Web会議を実施中の画面でも、[ビデオの停止]の右側にあるメニューから[Snap Camera]を選択できます。

HINTMacのZoomではSnap Cameraを利用できない

2020年4月現在、MacのZoomではSnap Cameraを利用できません(バージョン:4.6.12 ~ 5.0.0にて確認)。以下はMac版Zoomの[設定]画面ですが、[カメラ]の選択肢に[Snap Camera]が表示されない状態となります。なお、Google MeetはMacでもSnap Cameraを利用可能です。

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

MacのZoomではカメラとして[Snap Camera]を選択できず、利用できません。

Google Meetの場合

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Google Meetでは、標準設定のままではWeb会議に参加する前の画面で「カメラを起動できませんでした」と表示されます。歯車のアイコンをクリックし、[設定]を選択しましょう。

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

設定画面で[動画]をクリックし、[カメラ]で[Snap Camera]を選択します。最後に[完了]をクリックします。

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

カメラがSnap Cameraに切り替わりました。2020年4月現在ではGoogle Meetにバーチャル背景の機能はありませんが、Snap Cameraを使えば簡単に設定可能です。

HINTSnap Cameraの自動起動をオフにするには

Snap Cameraは、標準の設定ではPCの起動時に自動起動し、常駐するようになります。Web会議の予定があるときだけ起動すればいい場合は、自動起動はオフにしておくといいでしょう。以下のように[Settings]画面で操作します。

Web会議の背景問題を解決!ZoomでもMeetでも使える「Snap Camera」がオススメ

Snap Cameraの画面左上にある歯車のアイコンをタップすると、上記のような[Settings]画面になります。ここで[Run Snap Camera on system startup]をオフにしましょう。