関数と演算子

演算子の優先順位

演算子には優先順位があります。優先順位の高い演算子が先に計算され、同じ優先順位の演算子が並んでいる場合は左側から順に計算されます。ただし、「( )」を使うと「( )」の中を先に計算させることができます。思い通りの結果を得るためには、優先順位に注意して数式を作る必要があります。


演算子とかっこ類の優先順位

演算子の優先順位

① ( )で囲まれた数式
② %(パーセント指定)
③ ^(べき乗)
④ *(乗算)と /(除算)
⑤ +(加算)と −(減算)
⑥ すべての比較演算子

活用のポイント

  • 「( )」で囲むと、その部分の計算が優先されます。
  • 足し算や引き算よりも掛け算や割り算が優先されます。
  • べき乗よりもパーセント指定が優先されます。
  • 掛け算や割り算よりもべき乗が優先されます。
  • 比較演算子よりも足し算や引き算が優先されます。
  • 実際に数式を作るときは、先に計算したい部分をとにかく「()」で囲むようにするといいでしょう。こうすれば必ず思い通りの結果が得られるだけでなく、たいていは数式そのものもわかりやすくなります。

関連まとめ記事