回帰直線による予測

TREND 重回帰分析を使って予測する

対応バージョン:2013 2010 2007

既知の[yの範囲]と[xの範囲]をもとに回帰直線を求め、[予測に使うxの範囲]に対するyの値を求めます。回帰直線はy=a+bx1+cx2+......で表されます。

入力方法と引数

TRENDトレンドyの範囲, xの範囲, 予測に使うxの範囲, 切片

yの範囲既知のyの値をセル範囲または配列で指定します。
xの範囲既知のxの値をセル範囲または配列で指定します。
予測に使うxの範囲yの値を予測するために使うxの値を指定します。セルやセル範囲、配列も指定します。
切片回帰直線の切片aの取り扱いを指定します。
TRUEまたは省略切片aを計算する
FALSE切片を0とする

使用例複数のデータをもとに来年の売上金額を予測する

TREND関数

活用のポイント

  • この方法はxとyの関係が直線的であると考えられる場合に有効です。直線が当てはめられないような場合には、この方法で予測しても意味がありません。
  • [yの範囲]の個数と[xの範囲]の個数が同じ場合、単回帰とみなされます。この場合、回帰直線はy=a+bxとなります。
  • [xの範囲]の個数が[yの範囲]の個数の2倍以上の整数倍の場合、重回帰となります。
  • [予測に使うxの範囲]は独立変数の個数の整数倍の個数を指定します。独立変数は、単回帰の場合は1つ、重回帰の場合は複数となります。

関連する関数