回帰直線による予測

INTERCEPT 回帰直線の切片を求める

対応バージョン:2013 2010 2007

既知の[yの範囲]と[xの範囲]をもとに回帰直線を求め、その切片を求めます。回帰直線はy=a+bxで表され、aの値が切片になります。つまり、切片はxの値が0のときのyの値です。なお、[yの範囲]は従属変数または目的変量と呼ばれ、[xの範囲]は独立変数または説明変量と呼ばれます。

入力方法と引数

INTERCEPTインターセプトyの範囲, xの範囲

yの範囲既知のyの値をセル範囲または配列で指定します。
xの範囲既知のxの値をセル範囲または配列で指定します。

使用例高度と気温をもとに海抜3000メートルの気温を求める

INTERCEPT関数

活用のポイント

  • この方法はxとyの関係が直線的であると考えられる場合に有効です。直線が当てはめられないような場合には、この方法で切片を求めても意味はありません。
  • 計算の対象になるのは、数値と数値を含むセルです。
  • [yの範囲]や[xの範囲]に含まれる文字列や論理値、空白のセルは計算の対象になりません。いずれか一方だけが計算の対象にならない場合でも、そのyの値とxの値のいずれもが計算から除外されます。

関連する関数