回帰直線による予測

STEYX 回帰直線の標準誤差を求める

対応バージョン:2013 2010 2007

既知の[yの範囲]と[xの範囲]をもとにyの標準誤差を求めます。なお、[yの範囲]は従属変数または目的変量と呼ばれ、[xの範囲]は独立変数または説明変量と呼ばれます。

入力方法と引数

STEYXスタンダード・エラー・ワイ・エックスyの範囲, xの範囲

yの範囲既知のyの値をセル範囲または配列で指定します。
xの範囲既知のxの値をセル範囲または配列で指定します。

使用例過去のデータをもとに売上金額の標準誤差を求める

STEYX関数

活用のポイント

  • 計算の対象になるのは、数値と数値を含むセルです。[yの範囲]や[xの範囲]に含まれる文字列や論理値、空白のセルは計算の対象になりません。いずれか一方だけが計算の対象にならない場合でも、そのyの値とxの値のいずれもが計算から除外されます。

関連する関数