内部利益率

MIRR 定期的なキャッシュフローから修正内部利益率を求める

対応バージョン:2013 2010 2007

[範囲]の定期的なキャッシュフローから修正内部利益率を求めます。修正内部利益率は正味現在価値とともに、投資の採算性を評価するために使われる指標です。

入力方法と引数

MIRRモディファイド・インターナル・レート・オブ・リターン範囲, 安全利率, 危険利率

範囲キャッシュフローの値が入力されている範囲や配列定数を指定します。
安全利率支払額(負のキャッシュフロー)に対する利率を指定します。
危険利率収益額(正のキャッシュフロー)に対する利率を指定します。

使用例定期的に収益が上がった場合の修正内部利益率を求める

MIRR関数

活用のポイント

  • [範囲]内には、負の数(投資や支払い)と正の数(収益)がそれぞれ1つ以上含まれている必要があります。
  • IRR関数で求められる内部利益率は、初期投資に関する利率や収益の再投資に対する利率が考慮されていません。MIRR関数ではそれらの利率も考慮した内部利益率が求められます。
  • 内部利益率が負になる場合、その投資は採算がとれないものとみなされます。

関連する関数