満期利付債

ACCRINTM 満期利付債の経過利息を求める

対応バージョン:2013 2010 2007

満期利付債の[発行日]から[受渡日]までの間に発生する経過利息を求めます。

入力方法と引数

ACCRINTMアクルード・インタレスト・マキュリティ発行日, 受渡日, 利率, 償還価額, 基準

発行日債券の発行日を指定します。
受渡日債券の受渡日(購入日)を指定します。
利率債券の年間の利率を指定します。
償還価額額面100に対する債券の償還価額を指定します。
基準日数計算に使われる基準日数(月/年)を表わす値を指定します。
0または省略30日/360日(米国方式)
1実際の日数/実際の日数
2実際の日数/360日
3実際の日数/365日
430日/360日(ヨーロッパ方式)

使用例満期利付債の発行日から受渡日までの利息の合計を求める

ACCRINTM関数

活用のポイント

  • ACCRINTM関数は、満期利付債の発行条件と、その債券の[受渡日]がわかっているとき、その期間中に発生する経過利息(未収利息)を求めたい場合に使います。

関連する関数