引数の数値変換

N 引数を数値に変換する

対応バージョン:2013 2010 2007

[データ]に指定した日付や時刻、論理値などを数値に変換します。データの種類に応じて、戻り値が異なります。

入力方法と引数

N ナンバー データ

データ 数値に変換したい日付や時刻、論理値などを指定します。引数に指定するデータの種類とその戻り値は、以下のとおりです。
数値 指定された数値
日付または時刻 日付または時刻のシリアル値
TRUE 1
FALSE 0
エラー値([#N/A]、
[#VALUE!]など)
指定されたエラー値
その他(文字列など) 0

活用のポイント

  • N関数は、Excel以外の表計算ソフトとの互換性を保つために用意されている関数です。Excelでは、数式に含まれる日付や時刻、論理値などのデータは必要に応じて自動的に数値に変換されます。しかし、表計算ソフトによっては、このような変換が行われないものもあり、N関数はそのような場合に強制的に変換を行うために使用されます。