複素数の作成と分解

IMCONJUGATE 共役複素数を求める

対応バージョン:2013 2010 2007

[複素数]から虚部の符号を反転した共役複素数a−bi(またはa+bi)を作成します。

入力方法と引数

IMCONJUGATE イマジナリー・コンジュゲイト 複素数

複素数 共役複素数を求めたい複素数をa+bi(iは虚数単位)という複素数の表記法に従った文字列で指定します。実部のみ(a)、あるいは虚部のみ(bi)を指定することもできます。虚数単位は「i」または「j」のどちらでも使えます。

活用のポイント

  • 戻り値は、複素数の表記法に従った文字列となります。
  • 戻り値は、複素数に関連した各種関数(IMREAL関数、IMSUM関数、IMPOWER関数など、「IM 〜」ではじまる25種類の関数)の引数を指定するために使うことができます。