1.写真を縮小する

1[イメージ]-[サイズ変更]-[画像解像度]をクリック,Photoshop Elements 5.0を起動し、写真を開いておく,ここでは「Photoshop Elements 5.0」を使用して写真を縮小する,ここでは元の写真の80%のサイズに縮小することで、ファイルサイズを小さくする

2[画像の再サンプル]にチェックを付ける,3[pixel]をクリックして[%]をクリック,4[幅]に「80」と入力,5[OK]をクリック,[画像解像度]が表示された,[高さ]も自動的に[80]になる

2.別名のファイルとして保存する

1 [ファイル]‐[別名で保存]をクリック,縮小が完了した

2 元のファイル名と重複しないファイル名を入力,3 [保存]をクリック,[別名で保存]が表示された

3.6MB以下になっているか確認する

1[画質]に「12」と入力,2[サイズ]が[6000.0K]未満になっているか確認,ファイルサイズが縮小されて保存された,[6000.0K]以上の場合は、縮小率を上げて手順1からやり直す,[JPEGオプション]が表示された,[OK]をクリック

HINT[JPEGオプション]の[画質]ってなに?

「JPEG」とは、コンピュータで扱う画像ファイルの形式の一種です。画像ファイルを小さなサイズにする「圧縮」には、圧縮効率は高いが画質の劣化を伴う「非可逆圧縮」と、画質は劣化しないが圧縮効率は高くない「可逆圧縮」の2種類があります。JPEGはこのうち非可逆圧縮を行う形式で、画質の劣化が少ないわりに圧縮効率が高いため、ほとんどのデジカメで採用されるようになっています。画像をJPEG形式で保存するとき、画質とファイルサイズはトレードオフの関係になっていて、画質を高くすればファイルサイズは大きく、低くすればファイルサイズは小さくなります。

HINT画質を高くして、ピクセル数を小さくしよう

写真をJPEG形式の画像ファイルとして保存するとき、ファイルサイズを決める要素には、ピクセル数(面積)と画質の2つがあります。ピクセル数は小さくするほどファイルサイズも小さくできますが、縮小しすぎると細部がつぶれてしまいます。画質は、Photoshop Elementsの場合は0―12の13段階で設定でき、画質を下げればファイルサイズも小さくできます。GANREFはディスプレイ上の鑑賞がメインとなるため、ピクセル数をある程度小さくしても画質の高さを維持することが、きれいな作品を見せるために重要になります。このとき、デジカメでは必ずしも画質「12」で保存しておらず、「10」程度で保存している場合が多いことに注意してください。ピクセル数を少し小さくしても画質が10から12へ上がることで、かえって前よりもファイルサイズが大きくなってしまうことがあります。この場合はさらに縮小することになりますが、小さすぎるサイズにしてしまうよりは、ピクセル数を維持してディテールを見せることを考え、画質を「10」程度に下げて保存してもよいでしょう。