アメトーークでおなじみ"iPhone芸人"の本
iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone
(Amazon)

iPhoneでは[メール]アプリのほかに、ショートメッセージサービスを利用するための[メッセージ]アプリが用意されています。

ここで扱えるメッセージには、SMS/MMS/iMessageという3つの仕組みがあり、SMS(ショートメッセージサービス)は相手の電話番号にテキストのみを送ります。

MMS(マルチメディアメッセージングサービス)は相手のメールアドレスや電話番号が宛先となり、iPhoneやAndroidスマートフォン、携帯電話に写真を添付したメッセージを送信できます。

iMessageはiOSデバイス間のもので、Wi-Fi接続時は無料、3G/LTE通信時でもパケット定額料に含まれます。

いずれも相手とチャットのような形式でやりとりができ、使い勝手はほとんど区別がつきません。

SMS

MMS

iMessage

SMS/MMS/iMessageの違い

  SMS MMS iMessage
送受信できる
宛先
電話番号 @ezweb.ne.jp
@softbank.ne.jp
電話番号
Apple ID
電話番号
文字数 最大70文字 最大3MB(au)、2MB(ソフトバンク)のデータサイズ 無制限
添付ファイル 不可
料金 同じ携帯電話会社間は無料
異なる携帯電話会社間は1通3円(税抜)
実質無料
(パケット定額料に含まれる)
無料
▼関連する記事 iPhone メールとiMassageの使い方解説まとめ