アメトーークでおなじみ"iPhone芸人"の本
iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone
(Amazon)

ついに正式リリースされたiOS 11。いくつもの新機能が搭載されていますが、地味ながら嬉しいのが「QRコードの読み取り機能」。ようやくiPhoneでも、何のアプリもインストールせずに、QRコードをスキャンできるようになりました。

かつては「Chrome」でスキャンする方法を解説しましたが、それも不要になります。使い方は実に自然なので、以下で見てみましょう。

1[カメラ]アプリを起動する

iPhone(iOS11):[カメラ]アプリでQRコードを読み取る

ごく普通に、標準アプリの[カメラ]を起動します。ここではURLの文字列が記録されたQRコードを読み取ります。

2QRコードにカメラを向け、通知をタップする

iPhone(iOS11):[カメラ]アプリでQRコードを読み取る

iPhoneのカメラをQRコードに向けると、通知が表示されました。これをタップすると......

3SafariでWebページが表示された

iPhone(iOS11):[カメラ]アプリでQRコードを読み取る

Safariに切り替わって、Webページが表示されました。超簡単です。

もしQRコードが読み取られない場合は、[設定]を確認してみましょう。

iPhone(iOS11):[カメラ]アプリでQRコードを読み取る

[設定]→[カメラ]にある[QRコードをスキャン]をオンにします。

どうして今まで標準機能でなかったのか不思議に思えてきますが......とにかく朗報ですね。書籍や雑誌、チラシなどのQRコードを読み取るときに活用しましょう。

関連まとめ記事