アメトーークでおなじみ"iPhone芸人"の本
iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone
(Amazon)

iPhoneの電源をオフにするには、本体の右側面にある電源ボタンを長押しする。iPhoneユーザーの常識ですよね。

しかし、iPhone Xでは、その常識は通用しないのです。

iPhone X:「電源ボタンの長押し」ではありません! 電源オフと「緊急SOS」を表示する方法

こちらが電源ボタン。正確には「サイドボタン」と呼びます。これを長押しすると......

iPhone X:「電源ボタンの長押し」ではありません! 電源オフと「緊急SOS」を表示する方法

電源オフではなく、Siriが起動しました。

それもそのはず。iPhone Xにはホームボタンがないので、従来のiPhoneでは「ホームボタンの長押し」で起動するSiriが、「電源ボタン(サイドボタン)の長押し」に割り当てられているのです。

iPhone X:「電源ボタンの長押し」ではありません! 電源オフと「緊急SOS」を表示する方法

この挙動は[設定]→[Siriと検索]にある項目でも確認できます。ちなみに、[サイドボタンを押してSiriを起動]を無効にしても、電源オフには使えません。

iPhone Xの電源をオフにしたいときは、次の2つのいずれかの方法で行います。

設定から[システム終了]を選択する

iPhone X:「電源ボタンの長押し」ではありません! 電源オフと「緊急SOS」を表示する方法

[設定]→[一般]を表示し、いちばん下にある[システム終了]をタップします。これはiOS 11で追加された項目で、従来のiPhoneでも表示されます。

iPhone X:「電源ボタンの長押し」ではありません! 電源オフと「緊急SOS」を表示する方法

[スライドで電源オフ]が表示されました。ただし、この方法では[緊急SOS]は表示されません。

電源ボタンと音量ボタンを長押しする

iPhone X:「電源ボタンの長押し」ではありません! 電源オフと「緊急SOS」を表示する方法

電源ボタン(サイドボタン)と、本体の左側面にある「音量を上げる」ボタンを同時に長押しします。「音量を下げる」ボタンでもかまいません。

iPhone X:「電源ボタンの長押し」ではありません! 電源オフと「緊急SOS」を表示する方法

[スライドで電源オフ]と[緊急SOS]が表示されました。従来のiPhoneでの電源オフに近い方法ですね。

なお、電源をオンにするときは、電源ボタン(サイドボタン)の長押しだけでOKです。ちょっとした違いですが、覚えておいてくださいね。