いつもの連絡がまさに一瞬で完了

仕事が終わって駅や駐車場に向かう途中、奥さんや旦那さんに「帰ります」とメッセージを送る。毎日のよくあるシーンではないでしょうか?

これをiPhoneの「メッセージ」アプリで行う場合、アプリを起動→相手を選択→入力欄をタップ→「帰ります」と入力→送信ボタンをタップと、5手順ほどかかります。たいした手間ではないですが、毎日のこととなると、ちょっと煩わしいですよね。

「帰ります」を「か」で単語登録して省力化するのも手ですが、もっといい方法があります。Apple純正アプリ「ショートカット」を使えば、ホーム画面のアイコンやウィジェットの1タップだけで、先ほどの5手順が完了するのです!

ショートカットの作成方法は以下の通り。本サイトですでに解説したショートカット初級編も参照しつつ、操作してください。

定型メッセージを送るショートカットを作成する

1新しいショートカットを作成する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

「ショートカット」アプリを起動し、[ライブラリ]にある[ショートカットを作成]をタップします。App Storeへのリンクは本記事の末尾にあります。

2ショートカットに操作を追加する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

新しいショートカットが作成されました。操作の一覧を上にスワイプして......

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

[メッセージを送信]をタップします。

3メッセージの送信相手を選択する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

操作が追加されました。宛先の[+]をタップすると、iPhoneに登録されている連絡先の一覧が表示されるので、送信相手を選択しましょう。

4メッセージの内容を入力する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

相手が選択されました。メッセージの内容として「帰ります」と入力し、画面右上にある[設定]アイコンをタップします。

5ショートカットの名前とアイコンを設定する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

ショートカットの設定で、名前とアイコンをわかりやすいものに変更しておきます。また、[ウィジェットに表示]がオンになっていることを確認してください。最後に[完了]をタップします。

6ショートカットの設定を変更する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

このショートカットではオプションの設定として、[実行時に表示]をオフにすることをおすすめします。「メッセージ」アプリに切り替わることなく送信されるので、よりスマートに実行できるようになります。

7ショートカットをホーム画面に追加する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

仕上げとして、このショートカットをホーム画面のアイコンとして追加します。共有メニューから[ホーム画面に追加]をタップし、画面の指示通りに操作すればOKです。

8ホーム画面からショートカットを実行する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

では、ショートカットを実行しましょう。まずはホーム画面に追加したアイコンで試してみます。

9メッセージが自動的に送信された

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

「ショートカット」アプリに切り替わり、メッセージが送信されます。なお、[実行時に表示]をオンにしていた場合は「メッセージ」アプリに切り替わり、送信ボタンをタップすることで送信されます。

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

相手にメッセージが届きました。簡単ですね!

10ウィジェットからショートカットを実行する

【iOS12新機能】家族への「帰ります」を1タップで! 定型メッセージの送信を短縮する(ショートカット中級編)

ショートカットはホーム画面だけでなく、ロック画面を右にスワイプすると表示されるウィジェットから実行することもできます。この場合は「ショートカット」アプリに切り替わることすらなくメッセージが送信されるので、さらにスマートな「帰ります」を実現できます。

いかがでしたか? 相手がiPhoneユーザーならiMessageが使えるので、料金を気にせず送信できますね。

相手がiPhoneユーザーではない場合、キャリアのSMS/MMSとして送信するか、「メール」アプリで同様のショートカットを作成する方法があります。残念ながらLINEには非対応ですが、将来的に対応することがあれば、「ショートカット」アプリの活用の幅がさらに広がりそうです。

アプリのダウンロード

あわせて読みたい

【iOS12新機能】ショートカット初級編。よく聴くプレイリストを1タップでシャッフル再生する

iOS 12と同時に、新しいApple純正アプリ「ショートカット」がリリースされました。頻繁に行う「一連の操作」を自動化できるアプリです。どんなことができるのか、まずは簡単なショートカットで試してみましょう。

関連まとめ記事