「連続データ」が選べない!? そんなときは...

手軽に表形式のデータを共有できるツールとして、利用機会が多くなっているGoogleスプレッドシート(Googleドライブ)。Excelを使い慣れた人なら、ほぼ同じ感覚で使えるのも魅力です。

しかし、行かない機能もあります。その1つが連番の作成。Excelでは「1」を入力したあと、フィルハンドルをドラッグして連番を入力したい範囲にドラッグしたあとで、連続データを選択する方法がポピュラーです。

Excelでは、「1」を入力してフィルハンドル(セルの右下に表示される小さな緑の四角形)をドラッグしたあと、オートフィルのオプションで[連続データ]を選択できます。

ところがGoogleスプレッドシートでは、同じように操作できません。フィルハンドルの操作は同様にできても、オートフィルのオプションがないため、連続データを選択できないのです。

では、どのようにすればいいのでしょうか? 実は非常に簡単な方法で、オートフィルを使って連続データを入力できます。

1連続したデータを複数入力してからドラッグする

連番を入力したい複数のセルに、連続したデータ(ここでは「1」と「2」)を入力し、その範囲を選択します。

2オートフィルで連番が入力される

フィルハンドルをドラッグして連番を入力したい範囲を選択すると、連番が作成されました。

複数のセルにデータを入力しておくことで、そのルールに従ってオートフィルが行われます。例えば最初のデータが「1」と「3」なら、以降も2ずつ増えるルールで連番が作成されます。

この方法は、Excelでも同様に利用できます。ExcelもGoogleスプレッドシートも利用する人は、この方法を意識的に使うようにすると、同じ操作で利用できて便利でしょう。