ログイン中と未ログインを数タップで切り替え可能

お店や施設などのスポット情報、電車やクルマでのルート情報の検索に欠かせない「Googleマップ」。普段からGoogleアカウントでログインして、お気に入りの場所を保存して使っている人も多いと思います。

しかし、ログインしている状態では、アプリ上でのあらゆる行動がGoogleアカウントに記録されています。保存した場所が表示されるだけでなく、過去に検索したキーワード、閲覧したスポット情報などがことごとく履歴として残るのは、少々気持ちの悪いところもあるでしょう。

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使う方法。検索履歴を残したくないときに!

Googleマップにログインしている状態。地図上には、自分が保存した場所にスターなどのアイコンが表示されています。

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使う方法。検索履歴を残したくないときに!

検索ボックスをタップすると、「以前の検索」としてキーワードや閲覧したスポット情報などが表示されます。

一時的に保存した場所のアイコンを消したい、検索履歴を残したくないときには、iPhoneアプリでは「アカウントなしでマップを使用」する機能が便利です。未ログインの状態に数タップで切り替えられ、パスワードなどの再入力なしに、ログインした状態に戻れます。いわば、ブラウザーの「シークレットモード」のように使える機能です。

ここではiPhone XSの画面を例に、具体的な方法を見ていきましょう。

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使用する

1アカウントの画面を表示する

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使う方法。検索履歴を残したくないときに!

あらかじめGoogleマップにログインしておきます。検索ボックスの右端にある、自分のアカウントのアイコンをタップします。

2アカウントの一覧を表示する

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使う方法。検索履歴を残したくないときに!

アカウントの画面が表示されました。現在のアカウントの右側にあるアイコンをタップします。

3未ログインの状態に切り替える

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使う方法。検索履歴を残したくないときに!

表示された一覧にある[アカウントなしで「マップ」を使用します]をタップします。

4未ログインの状態になった

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使う方法。検索履歴を残したくないときに!

アカウントのアイコンが変わり、未ログインの状態になりました。地図上のアイコンも消えています。

5検索履歴が保存されなくなった

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使う方法。検索履歴を残したくないときに!

検索ボックスをタップしても、キーワードなどの履歴は表示されません。この状態で検索すると、いったん履歴は残りますが、ログイン状態に戻ったときなどに消去されます。

6ログイン状態に戻る

iPhoneのGoogleマップを一時的にログインしないで使う方法。検索履歴を残したくないときに!

再びログインした状態に戻るには、アカウントのアイコンをタップして、一覧から自分のアカウントをタップします。このとき、パスワードの再入力は不要です。

保存した場所のアイコンは、メニューの[マイプレイス]から非表示にする設定もできますが、この方法のほうが簡単です。アイコンが一切ない、まっさらな状態でGoogleマップを見たいときにも便利なので、覚えておくといいでしょう。

なお、Androidではシークレットモードが利用できます。詳しくは以下の記事を参照してください。