エラーの場合

IFERROR/IFNA エラーの場合に返す値を指定する

対応バージョン(IFERROR関数):2013 2010 2007

対応バージョン(IFNA関数):2013

IFERROR関数は、[値]がエラー値[#DIV/0!][#N/A][#NAME?][#NULL!][#NUM!][#REF!][#VALUE!]のいずれかであれば[エラーの場合の値]を返し、そうでなければ[値]をそのまま返します。IFNA関数は、[値]がエラー値[#N/A]のときだけ[エラーの場合の値]を返し、そうでなければ[値]をそのまま返します。

入力方法と引数

IFERRORイフ・エラー, エラーの場合の値

IFNAイフ・ノン・アプリカブル, エラーの場合の値

エラー値かどうかを調べたい数式やセル参照を指定します。
エラーの場合の値[値]がエラー値の場合に返す値を指定します。

使用例検索結果が見つからないときにメッセージを表示する

IFERROR関数

活用のポイント

  • 使用例では、C列の数式に含まれるVLOOKUP関数がセルC3ではエラー値[#REF!]を、セルC5ではエラー値[#N/A]を返すため、いずれの場合も数式全体の戻り値は「<エラー>」となります。
  • 使用例では、同様にIFNA関数での検索結果をD列に表示しています。IFERROR関数とは異なり、VLOOKUP関数がエラー値[#N/A]を返したときだけ、数式全体の戻り値が「<エラー>」となります。

関連する関数