セルとセル範囲の参照

OFFSET 行と列で指定したセルのセル参照を求める

対応バージョン:2013 2010 2007

基準となる[参照]のセルから、指定した[行数]と[列数]だけ離れたセル参照を求めます。高さと幅を指定すると、セル範囲の参照が求められます。戻り値は、セルに入力されている値ではなく、セル参照です。

入力方法と引数

OFFSETオフセット参照, 行数, 列数, 高さ,

参照基準となるセルまたはセル範囲を指定します。そのセルまたはセル範囲の左上のセルから、[行数]や[列数]がどれだけ離れているかが数えられます。
行数[参照]のセルまたはセル範囲の左上から何行離れたセルかを指定します。
列数[参照]のセルまたはセル範囲の左上から何列離れたセルかを指定します。
高さ戻り値として返すセル範囲の高さを指定します。省略すると[参照]と同じ行数が指定されたものとみなされます。
戻り値として返すセル範囲の幅を指定します。省略すると[参照]と同じ列数が指定されたものとみなされます。

使用例月と業種に対応する季節指数を求める

OFFSET関数

活用のポイント

  • 使用例では、セルC4に「=INDEX(B8:D19,B2,B3)」という関数が入力されており、INDEX関数を使っても同じ検索ができることを示してあります。
  • [行数]や[列数]に負の数を指定した場合、[参照]の位置よりも手前(行ならば上、列ならば左)の位置が指定されたものとみなされます。
  • 戻り値はセルまたはセル範囲の参照です。SUM関数の引数のように、引数の中でセル参照が指定できる場合、その位置にOFFSET関数を指定することもできます。

関連する関数