ピボットテーブル

GETPIVOTDATA ピボットテーブルからデータを取り出す

対応バージョン:2013 2010 2007

ピボットテーブルからデータを取り出します。ピボットテーブルとは、いくつかの項目から成り立っているデータを、さまざまな方法で集計し、表やグラフにする機能です。

入力方法と引数

GETPIVOTDATAゲット・ピボット・データデータフィールド, ピボットテーブル, フィールド, アイテム

データフィールド取り出したいデータフィールドの名前を文字列で指定します。
ピボットテーブルどのピボットテーブルからデータを取り出すかを指定します。セル、セル範囲などが指定できます。
フィールド, アイテム取り出したいデータを表すフィールドとアイテムを組み合わせて文字列で指定します。この組み合わせは126組まで指定できます。

使用例ピボットテーブルから指定した店舗の売上の合計金額を取り出す

GETPIVOTDATA関数

活用のポイント

  • 「=」を入力してからピボットテーブル上のセルをクリックするだけで、そのセルの値を取り出すためのGETPIVOTDATA関数が自動的に入力されます。
  • 文字列を引数に直接指定する場合は、「"」で囲んで指定します。