文字列の削除

TRIM 余計な空白文字を削除する

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010

[文字列]の先頭と末尾に入力されている空白文字を削除し、[文字列]の途中に連続して入力されている複数の空白文字を1つにまとめます。不要な空白文字を削除したあとの文字列が戻り値として返されます。

入力方法と引数

TRIMトリム文字列

文字列余計な空白文字を削除したい文字列を指定します。

使用例住所の余計な空白文字を削除する

TRIM関数

活用のポイント

  • 半角の空白文字も全角の空白文字も削除されます。
  • [文字列]の途中にある複数の空白文字は、先頭の1つだけが残され、それよりうしろの空白文字は削除されます。たとえば、全角の空白文字のあとに半角の空白文字が連続している場合は、先頭にある全角の空白文字だけが残されます。
  • 文字列と引数を直接指定する場合は「"」で囲んで指定します。
  • すべての空文字列を削除したいときにはSUBSTITUTE関数を使うといいでしょう。使用例のセルC3の文字列から半角と全角の空白文字をすべて削除するなら「=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(C3," ","")," ","")」と入力します。ネストしたSUBSTITUTE関数のうち内側では半角の空白文字を指定して空文字列("")に置き換え、外側では全角の空白文字を指定して空文字列に置き換えます。

関連する関数