文字コードの操作

CODE 文字コード(ASCII/JIS)を調べる

UNICODE 文字コード(Unicode)を調べる

対応バージョン(CODE関数):2013 2010 2007
対応バージョン(UNICODE関数):2013

CODE関数は、[文字列]の文字コード(ASCIIコードまたはJISコード)を調べ、10進数の数値として返します。UNICODE関数は、[文字列]の文字コード(Unicode)を調べ、10進数の数値として返します。

入力方法と引数

CODEコード文字列

UNICODEユニコード文字列

文字列文字コードを調べたい文字列を指定します。文字列が2文字以上あっても、調べる対象となるのは先頭文字だけです。

使用例指定位置にある文字の文字コードを調べる

CODE関数

活用のポイント

  • CODE関数は、[文字列]の先頭文字が半角文字ならASCIIコードの値を、全角文字ならJISコードの値を返します。
  • CODE関数は「©」や「®」、使用例のセルA5に含まれる漢字のような環境依存文字には対応していないため、そのような文字列を指定すると「?」に対応する文字コード「63」が返されます。
  • 使用例では、セルD3に「=UNICODE(MID(A3,B3,1))」と入力し、UNICODE関数の場合の結果を表示しています(セルD4〜D5も同様)。UNICODE関数は[文字列]の先頭文字のUnicodeの値を返します。

関連する関数