表示形式の変換

YEN 数値に通貨記号(¥)と桁区切り記号を付ける

DOLLAR 数値に通貨記号($)と桁区切り記号を付ける

対応バージョン:2013 2010 2007

[数値]を[桁数]で四捨五入し、通貨記号(YEN関数では¥、DOLLAR関数では$)と、桁区切り記号(,)を付けた文字列に変換します。桁区切りや小数点の記号には、[Excelのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]で指定されている文字が使われます。

入力方法と引数

YENエン数値, 桁数

DOLLARダラー数値, 桁数

数値通貨記号(¥または$)と桁区切り記号を付けた文字列に変換したい数値を指定します。
桁数四捨五入する桁位置を以下のように指定します。Nは[桁数]の値を表します。省略すると0が指定されたものとみなされます。
N(正の数)小数第N+1位を四捨五入
0小数点以下を四捨五入
-N(負の数)整数第N位を四捨五入

使用例請求金額に通貨記号と桁区切り記号を付けて表示する

YEN関数

活用のポイント

  • 戻り値は文字列ですが、数式のなかで数値として使うこともできます。
  • 戻り値は文字列なので、YEN関数またはDOLLAR関数を入力したセルの表示形式に、数値の表示形式を適用することはできません。