中央値と最頻値

MODE.SNGL 数値の最頻値を求める

MODE 数値の最頻値を求める

対応バージョン(MODE.SNGL関数):2013 2010
対応バージョン(MODE関数):2013 2010 2007

[数値]のなかから最もよく現れる値(最頻値)を求めます。

入力方法と引数

MODE.SNGLモード・シングル数値1, 数値2, ..., 数値255

MODEモード数値1, 数値2, ..., 数値255

数値最頻値を求めたい数値を指定します。引数は255個まで指定できます。

使用例施設の月間利用者の一覧から利用回数の最頻値を求める

MODE.SNGL関数

活用のポイント

  • たとえば、ほとんどの人が検診センターを利用していなかった場合のように、多くの数値が同じ値である場合、その値を代表値とするのに最頻値を使います。使用例では、セルB3〜B10に入力されている値の最頻値を求めています。
  • 計算の対象になるのは、数値と数値を含むセルです。文字列、論理値、空白のセルは計算の対象となりません。
  • 最頻値が複数個ある場合には、前にある値が最頻値として返されます。
  • MODE関数は、MODE.SNGL関数の互換性関数です。

関連する関数