t分布

T.DIST t分布の確率や累積確率を求める

対応バージョン:2013 2010

t分布の確率密度関数の値や累積分布関数の値(左側確率)を求めます。t分布は平均値の差の検定などに使われます。

入力方法と引数

T.DISTティー・ディストリビューション, 自由度, 関数形式

t分布の確率密度関数や累積分布関数に代入する値を指定します。
自由度分布の自由度を指定します。
関数形式確率密度関数の値を求める場合はFALSEを指定し、累積分布関数の値を求める場合はTRUEを指定します。

使用例自由度10のt分布で、4というt値に対する確率密度関数の値を求める

T.DIST関数

活用のポイント

  • 使用例では、セルD3に「=T.DIST(A5,$B$2,TRUE)
  • 」という数式を入力してあります。この値は累積分布関数の値(左側確率)です。
  • 右側(上側)確率を求めるにはT.DIST.RT関数を使います。
  • 両側確率を求めるにはT.DIST.2T関数を使います。
  • 互換性関数のTDIST関数を利用すると、右側確率と両側確率が求められます。

関連する関数