固定利付債のデュレーション

MDURATION 固定利付債の修正デュレーションを求める

対応バージョン:2013 2010 2007

固定利付債の発行条件をもとに、修正デュレーションを求めます。

入力方法と引数

MDURATIONモディファイド・デュレーション受渡日, 満期日, 利率, 利回り, 頻度, 基準

受渡日債券の受渡日(購入日)を指定します。
満期日債券の満期日(償還日)を指定します。
利率債券の年間の利率を指定します。
利回り債券を満期日まで保有したときの年間の利回りを指定します。
頻度年間の利払回数を指定します。年1回の場合は1を、年2回の場合は2を、四半期ごとの場合は4を指定します。
基準日数計算に使われる基準日数(月/年)を表わす値を指定します。
0または省略30日/360日(米国方式)
1実際の日数/実際の日数
2実際の日数/360日
3実際の日数/365日
430日/360日(ヨーロッパ方式)

使用例発行条件をもとに修正デュレーションを求める

MDURATION関数

活用のポイント

  • 日付を表わす引数、[頻度]、[基準]に小数部分のある数値を指定した場合、小数点以下が切り捨てられた整数とみなされます。
  • 修正デュレーションに単位はありませんが、一般に「年」が使われます。
  • MDURATION関数では、債券の償還価額(額面)が100であるものとして修正デュレーションが計算されます。

関連する関数