二項分布

BINOM.INV 二項分布の累積確率が基準値以下になる最大値を求める

CRITBINOM 二項分布の累積確率が基準値以下になる最大値を求める

対応バージョン(BINOM.INV関数):2013 2010
対応バージョン(CRITBINOM関数):2013 2010 2007

[成功率]で示される確率で事象が起こるとき、[試行回数]のうち累積確率が[基準値]以下になる値(事象の生起回数)を求めます。たとえば、不良品が2%の割合で発生することがわかっているものとし、10個の製品を取り出して検査するとき、不良品の累積確率を3%までに収めるには、不良品はいくつまで許容できるかを求めることができます。この場合、[試行回数]は10、[成功率]は2%、[基準値]は3%です。

入力方法と引数

BINOM.INV バイノミアル・インバース 試行回数, 成功率, 基準値

CRITBINOM クリテリア・バイノミアル 試行回数, 成功率, 基準値

試行回数 全体の試行回数を指定します。
成功率 あらかじめわかっている確率を指定します。試行を1回行ったときに目的の事象が起こる確率です。
基準値 累積確率を指定します。この値に対する、事象の生起回数の最大値が求められます。

活用のポイント

  • CRITBINOM関数は、BINOM.INV関数の互換性関数です。

関連する関数