【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。毎週木曜日更新。
過去の記事一覧はこちら【エクセル時短まとめ】

「VLOOKUP」(ブイ・ルックアップ)はExcel関数の1つで、表を縦方向に検索し、特定のデータに対応する値を取り出すことができます。よくある例としては、以下の表のように「顧客コード」から「氏名」や「性別」を取り出すという使い方があります。

エクセル時短:今さら聞けない「VLOOKUP」(ブイ・ルックアップ)

顧客コード「T002」を表(顧客リスト)から検索し、対応する行にある氏名や性別の値を取り出しています。

VLOOKUP関数をマスターすれば、値を目視で探したり何度も検索したりする手間が省け、業務効率は格段にアップします。そのため、Excel関数の中でも屈指の人気を誇るのですが、引数の指定が複雑という困った面もあります。

エクセル時短】第6回では、「ちゃんと使える自信がない...」という人のために、VLOOKUP関数の使い方をおさらいしましょう!

引数は最初の3つがポイント

まず、VLOOKUP関数の構文を見てみます。

VLOOKUP検索値, 範囲, 列番号, 検索の型

VLOOKUP関数には4つの引数がありますが、ポイントとなるのは最初の3つで、

  1. どのデータで [検索値
  2. どこを検索して [範囲
  3. どの列にある値を取り出すか [列番号

を表しています。4つ目の引数[検索の型]は、とりあえず置いておきます。

先ほどの顧客リストを例にすると、[検索値]には、探したい顧客コードが入力されているセルB1を指定します。そして[範囲]には、顧客リスト全体(セルA10〜F109)を指定します。顧客リストの見出し行を含める必要はありません。

エクセル時短:今さら聞けない「VLOOKUP」(ブイ・ルックアップ)

1つ目の引数[検索値]と2つ目の引数[範囲]を指定します。

ここで注意したいのが、[検索値]の検索対象は[範囲]の左端の列である点。左から2列目や3列目を検索することはできません。仮に[検索値]として「氏名」を指定したいときは、[範囲]の左端の列が「氏名」となるように、あらかじめ表を整えておく必要があります。

列番号]には[範囲]で指定した表のうち、取り出したい値がある列の番号を指定します。顧客コードに対応する「氏名」を取り出したいときは、2列目の「2」を指定する、といった具合です。

エクセル時短:今さら聞けない「VLOOKUP」(ブイ・ルックアップ)

3つ目の引数[列番号]には、左から数えた列の番号を指定します。この例から「氏名」を取り出す場合は「2」になります。

4つ目の引数は「FALSE」と覚える

最後の[検索の型]は、検索したデータが見つからなかったとき、どのように処理するかを決める引数です。「TRUE」または「FALSE」で指定し、省略した場合は「TRUE」と同じ扱いになります。

検索値]に一致するデータが見つからないとき、「TRUE」では[検索値]を超えない最大値を該当のデータとします。「FALSE」ではエラーになります。

通常は完全に一致するデータを探すことが多いので、少々乱暴ではありますが、検索の型]は「FALSE」にすると覚えてください。「TRUE」にするケースとしては、成績や予算などの表で一定の基準値を超えない最大値を探したいときなどが考えられます。

以上を踏まえると、例のセルB3に入力する数式は以下のように表せます。

=VLOOKUPB1, A10:F109, 2, FALSE

エクセル時短:今さら聞けない「VLOOKUP」(ブイ・ルックアップ)

セルB3〜B6の数式をそのまま表示したところ。VLOOKUP関数の働きによって、冒頭の画面にある値が求められています。

いかがでしたか? 関数の使い方を覚えるには、自分で使ってみるのがいちばん。「4つの引数」を実際に入力し、VLOOKUP関数の働きを確かめてみましょう。

あわせて読みたい

Excel関数一覧 機能別 - Excel 2016で使える全476関数を網羅!

Excel(エクセル) 2016/2013/2010/2007に対応した全476関数の使い方を、関数の機能ごとの分類でまとめた一覧です。「数学/三角関数」「論理関数」「統計関数」などの分類から関数を探せます。

【エクセル時短】VLOOKUPには「構造化参照」! テーブルを活用してデータの増減に自動対応する

ただでさえ複雑なVLOOKUP関数の数式を、参照先となる表の変更に合わせて修正するのは大変ですよね。今回はテーブルの応用例として、「構造化参照」のテクニックを解説します。

【エクセル時短】VLOOKUPの応用ワザ。2つの条件で値を検索するために組み合わせる関数とは?

VLOOKUP関数で「複数の条件」を指定できたらいいのに...と思うことはありませんか? 今回は「サービスNoと会員種別を指定すると実績が取り出される」といった数式を、ある関数を使って実現します。

関連まとめ記事