GoogleアナリティクスはWeb担当者に必須のツール

Webサイトにアクセスするユーザーの行動を「見える化」するツールとして、日本の上場企業の70%以上が導入しているとされる「Googleアナリティクス」。サイト運営に仕事として携わる「Web担当者」のみなさんなら、多くの人が以下のような画面を目にしたことがあるでしょう。

Googleアナリティクスのユーザーサマリー

Googleアナリティクスの代表的な画面。サイトの利用状況をさまざまな角度から分析できます。

自社サイトに関するデータを集計・分析できるGoogleアナリティクスは、「サイトがビジネスの目標を達成できているか?」「ビジネスをより成長させるには何を実施すべきか?」などを判断するうえで、必要不可欠な情報源となります。しかし、そうした知見を引き出すには、Googleアナリティクスを深く理解し、その機能や能力を最大限に引き出す知識やスキルが必要です。

Googleアナリティクスのスキルを証明する資格「GAIQ」

Googleでは、Googleアナリティクスの習熟度を公式に認定する資格としてGoogleアナリティクス個人認定資格(Google Analytics Individual Qualification)、通称「GAIQ」を提供しています。GAIQは誰でも無料で受験可能です。

2018年1月以降、GAIQの試験は「Academy for Ads」と呼ばれるサイトで、パソコンを使って受験するオンラインテストとして実施されます。GAIQの最新の試験概要や受験方法は、本記事末尾にある関連記事を参照してください。

GAIQの受験画面

GAIQの受験環境はAcademy for Adsで公開されています。上記は合格後の画面です。

GAIQを取得するとどうなる? 合格するメリットは?

GAIQに合格すると、自分のGoogleアカウントに資格情報が紐付けられ、認定証を表示・印刷できるようになります。これをもって、GAIQの資格取得者であること、つまり、Googleアナリティクスに業務レベルで習熟していることを客観的に証明できます。

GAIQの個人認定資格証

GAIQの認定証の例。合格者の名前と有効期限(取得から1年間)が記載されます。

では、GAIQを取得することには、どのようなメリットがあるのでしょうか? 大きく以下の2つのメリットがあると考えられます。

ビジネスとしてのWeb解析に必要な知識を学べる

GAIQでは、Googleアナリティクスの操作方法というより、Googleアナリティクスの機能や能力を最大限に引き出す知識やスキルが問われます。それらは自社サイトの利用状況を正確に把握し、売り上げや利益につながるサイト改善を実施するために役立ちます。

試験対策のための学習および試験を通して、ビジネスとしてのWeb解析に必要な知識を身につけることができるでしょう。

身につけた知識やスキルを対外的にアピールできる

デジタルマーケティング業界では、社員にGAIQの取得を推奨している企業、さらには全社員がGAIQを取得している企業もあります。GAIQを取得していることが、その企業にとって顧客へのアピールポイントとなるからです。

GAIQはそれだけ信頼されている資格であり、サイト運営に携わるプロとして十分な業務遂行力を持つことの裏付けとなります。

GAIQの取得に向けた「3つの学習方法」

GAIQの合格を目指すにあたり、効果的な学習方法には以下の3つがあります。

Googleのオンライン講座

1つめは、Googleが無料で提供している「Googleアナリティクス アカデミー」で学習する方法です。初級者・上級者向けのコースがあり、たくさんの動画が公開されています。

Googleアナリティクスアカデミーの動画を再生したところ

「Googleアナリティクス初級者向けコース」の動画。音声は英語ですが、日本語の字幕があるので安心です。

Googleアナリティクスの解説書

2つ目は、書籍で学習する方法です。入門レベルの情報だけが掲載されているものよりも、業務に即した実践的な活用法が解説されている書籍のほうが、GAIQの学習にも役立つでしょう。オススメの書籍はこちらです。

できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版:表紙
※書影をクリックするとAmazonにジャンプします

できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版
Web解析の現場で使える実践ワザ 260
Googleタグマネージャ/オプティマイズ/データスタジオ対応

著者:木田和廣
価格:本体2,480円+税
判型:A5正寸判
ページ数:432ページ/2色刷
ISBN:978-4-295-00256-7

GAIQの合格を目的としたセミナー

3つ目は、セミナーに参加して学習する方法です。以下のセミナーでは、日本におけるGoogleアナリティクスの第一人者である株式会社プリンシプル取締役副社長・木田和廣氏が講師となり、GAIQの出題範囲を中心としたGoogleアナリティクスの知識やスキルを集中的に身につけられます。

さらに、セミナーの最後には参加者全員でGAIQを受験。セミナー内でのGAIQ合格を目指します。有料のセミナーではありますが、「その日のうちにGAIQを取得して持ち帰れる」のが魅力です。

「Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)合格講座」イメージ画像

木田和廣氏によるGAIQ合格講座。今後の開催日程は、できるネットまたはインプレスブックスにてご案内します。

GAIQを取得することは、いま在籍している企業での評価につながるだけでなく、今後のキャリアアップや転職においてもプラスに働きます。ぜひGAIQに挑戦し、資格の取得を目指しましょう。

関連記事

GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)の試験概要と受験方法[Academy for Ads対応版]

Web解析ツール「Googleアナリティクス」の習熟度を証明する資格「GAIQ」は、2018年から「Academy for Ads」と呼ばれる新サイトに受験環境を移行しました。新しくなったGAIQの試験概要と受験方法を詳細に解説します。

『できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ』全文公開の記事一覧(目次)- あの定番書がすべて読める!

Googleアナリティクスを使うすべての人へ。株式会社プリンシプル・木田和廣氏による最強の定番書『できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260』の記事一覧(目次)と「まえがき」を掲載しています。

Googleアナリティクスの導入・設定と使い方。Web担当者に必須の解析ツールを理解しよう

業界標準のWeb解析ツールとして、日本でも数多くの企業が導入している「Googleアナリティクス」。なぜGoogleアナリティクスが必要なのか? 導入・設定のポイントは何か? どのようなレポートが見られるのか? 基本的な知識を身につけましょう。