アメトーークでおなじみ"iPhone芸人"の本
iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone
(Amazon)

iPhoneのカメラが高性能化したこともあり、メインカメラとしてiPhoneを使っている人も少なくないと思います。日常的にいろいろな写真を撮影していると、その中には「他人に見られたくない写真」も少なからずあるはずです。

「そんな写真を他人がいる場所で表示しないから大丈夫」と思っている人も油断は禁物です。大型化&高解像度化したiPhoneのディスプレイにおいては、写真の一覧(サムネール)でも、写真の内容を認識できてしまいます

そこで今回は、写真に「ちょっとした編集(加工)」を加えることで、「何が写っている写真か」を他人から分からないようにするiPhoneの裏ワザを紹介します。

最近はカフェなどの人が集まる場所で、iPhoneの画面をスワイプしながら、友人や知人と一緒に写真を楽しそうに見ている人たちをよく目にします。そんなシーンでも、本記事で紹介するテクニックを使えば、他人に見せたくない写真だけを自然に隠すことができます。操作も非常に簡単なので、ぜひ覚えておきたいiPhoneの便利技です。

写真に何が写っているのか分からなくする操作の流れ

  1. [写真]アプリで写真を表示して[編集]をタップ
  2. [トリミング]をタップして、写真を大きく拡大
  3. 写真の編集内容を保存

画面付きの使用例と詳しい解説は下記をご覧ください。

iPhoneの写真をトリミングして確認できなくする方法

1iPhoneの[写真]アプリを起動する

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリのアイコン

iPhoneのホーム画面で[写真]アイコンをタップして、[写真]アプリを起動します。

2[カメラロール]で写真を選択する

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリの[カメラロール]画面

[写真]アプリの[カメラロール]を表示して、写真をタップします。

3写真の編集を開始する

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで写真を表示した画面

写真が表示されたら、画面右上の[編集]をタップします。

4[トリミング]をタップする

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリでっ写真を表示してトリミングをタップする画面

写真の編集画面が表示されたら、[トリミング]をタップします。

5写真をピンチアウトして拡大表示する

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで写真をトリミングする画面

写真をトリミングできる状態になったら、写真をピンチアウト(2本の指を広げるように画面なぞって拡大すること)して、写真を拡大表示しましょう。

6写真が拡大表示された

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで写真をトリミングして拡大表示した状態の画面

写真に何が写っているのかわからない状態まで拡大できました。これなら他人に見られても何の写真か分からないはずです。画面右下の[保存](チェックマーク)をタップします。

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで写真をトリミングした写真のサムネイルに戻る画面

編集画面が終了して、写真の画面に戻ります。写真を確認し、[戻る]をタップします。

7サムネイルでも写真の内容がわからなくなった

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリでトリミングした写真のサムネールが表示された画面

写真の一覧画面に表示されるサムネイル(縮小写真)でも、何の写真か分からなくなっています。

以上で、写真を加工(トリミング)して「何の写真かわからなくする」テクニックは操作完了です。引きつづき以下のHINTで、加工した写真を元に戻す方法を解説します。

HINTトリミング前の写真に戻すには?

iPhoneの[写真]アプリで加工した写真は、以下の操作で簡単に元の状態に戻せます。

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリでトリミングして何が写っているのか分からなくなった写真

[写真]アプリでトリミング(加工)した写真を表示して、画面右上の[編集]をタップします。

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで加工した写真をもとに戻す画面

写真の編集画面が表示されたら、画面右下の[元に戻す]をタップします。

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで加工を元に戻す確認画面

写真をもとに戻すかどうかを確認する画面が表示されたら、[オリジナルに戻す]をタップします。

iPhone(アイフォーン)の[写真]アプリで写真の加工を元に戻した画面

写真の加工が解除され、写真が元の状態に戻りました。