テンプレート機能であっという間に完成

2020年のカレンダーが気になる時期になりました。

市販品のカレンダーも魅力的ですが、自分用のほかに家族とのスケジュール共有用など、いくつも購入するのはもったいないですよね。手軽に作成して自分で印刷できる、シンプルなカレンダーをExcelで作ってみませんか?

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

Excelでこのようなカレンダーを作れます。悪くないですよね。

Excelのシート上で予定を入力するほか、印刷してから手書きするのもいいでしょう。失敗してもまた印刷すればいいので、何度でも書き直せます。仕事の案件ごとに、スケジュールを下書きする用途にも使えそうです。

エクセル時短】第130回では、Excelのテンプレートを使ってシンプルなカレンダーを作成する方法と、ひと工夫で2か月カレンダーに仕上げる方法の2つを紹介します。

シンプルな1か月ごとのカレンダーを作成する

まずは1か月単位のカレンダーを作りましょう。Excelのテンプレートとして提供されている「どの年度にも対応する月単位のカレンダー」をダウンロードし、2020年1月から始まるカレンダーに仕上げます。

1テンプレートを検索する

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

[ファイル]→[新規]の順にクリックし、[カレンダー]のリンクをクリックします。検索ボックスにキーワードとして「カレンダー」と入力しても構いません。

2テンプレートを選択する

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

カレンダーのテンプレートが表示されました。ここでは「どの年度にも対応する月単位のカレンダー」を選択します。

3テンプレートからファイルを作成する

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

選択したテンプレートが表示されました。[作成]をクリックします。

4「年」を変更する

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

テンプレートからカレンダーのファイルが作成されました。このカレンダーの初期状態では、年が表示されているセルB1に「=YEAR(TODAY())」と入力されています。TODAY関数で取得した今日の日付から、YEAR関数で「年」を取り出しているわけですね。

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

今回は単純に2020年のカレンダーを作りたいので、セルB1に「2020」と入力します。

4土日の文字色を変更する

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

「年」を入力し直すと「2020年」のカレンダーに切り替わることが分かると思います。このままでは味気ないので、土日の文字色を変更しておきます。

5印刷に不要な文字の色を「白」にする

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

カレンダーらしくなってきました。このテンプレートではセルB2、C2、E1、E2にそれぞれ「カレンダーの年」「カレンダーの月」「月曜日」「週の最初の曜日」と文字が入力されています。[Ctrl]キーを押しながらそれぞれのセルをクリックし、文字色を「白」に変更します。

6カレンダーを作成できた

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

選択したセルの文字の色を「白」に変更できました。シンプルなカレンダーの完成です。

手順6では1回の操作で済むように、セルの文字色をまとめて「白」に変更しました。セルB2、C2、E2の文字は単純に削除しても構いませんが、セルE1の「月曜日」を削除してはいけません。セルE1を参照する数式がテンプレートに組み込まれているためです。

なお、「週の最初の曜日」とあるように、セルE1のドロップダウンリストで[日曜日]を選択すれば、日曜日始まりのカレンダーに変更することもできます。

A4用紙1枚に収まる2か月カレンダーを作成する

先ほど作成したカレンダーをもとに、A4用紙1枚に収まる2か月カレンダーを作ってみましょう。用紙の向きを縦に変更し、コピー&貼り付けするだけです。ここでは全体が分かりやすいように、ワークシートの表示倍率を下げて解説しています。

1用紙の向きを変更する

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

用紙の向きを横から縦に変更します。[ページレイアウト]タブの[用紙の向き]ボタンから変更します。

やや分かりにくいですが、用紙の向きが縦に変わり、印刷範囲を表す点線がA4用紙の縦に変更されます。用紙の上から1月→2月の順に印刷したいので、セルC1の月表示をいったん「2月」に切り替えておいてください。ドロップダウンリストで選択可能です。

2カレンダーの範囲をコピーする

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

カレンダーのセル範囲(セルA1~H15)を選択してコピーします。

3[図]として貼り付ける

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

セルA19を右クリックし、[形式を選択して貼り付け]から[図]を選択します。

4カレンダーを[図]として貼り付けられた

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

カレンダーが[図]として貼り付けられました。

5カレンダーの「月」を切り替える

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

上部のカレンダーの「月」を「1月」に切り替えます。

62か月カレンダーを印刷する

【エクセル時短】シンプルな2020年のカレンダーをExcelのテンプレートで作る

[Ctrl]+[P]キーを押し、A4用紙1枚に収まっているかを印刷プレビューで確認しましょう。

プリンターによって余白の範囲は異なります。印刷プレビューでカレンダーのサイズや余白が気に入らない場合は、貼り付け位置などを調整してみてください。