アップグレードはすべて自動で実行される

本記事執筆時点では、Windows 11のプレビュー版を利用する方法は、Windows 10からのアップグレードのみとなっています。このため、Windows 11をインストールするには、Windows 10環境が必要です。

Windows 10のパソコンでWindows Insider ProgramのDevチャネルに登録すると、Windows Update経由で、Windows 11 Insider Previewのダウンロードとインストールが自動的に開始されます。Devチャネルへの登録方法は、本記事末尾の関連記事を参照してください。

アップグレードに特別な設定や操作は不要で、すべて自動的に実行されます。ただし、重要なファイルなどがある場合は、事前にバックアップしておくことをおすすめします。

なお、将来的に新規インストールするためのISOファイルが提供されるようになれば、新規インストールが可能になる可能性もあります。

以下の手順では、Windows Insider ProgramのDevチャネルに登録済みのWindows 10で、Windows 11のプレビュー版をインストールする一連の画面を見ていきましょう。

Windows 11のプレビュー版をインストールする

1[更新とセキュリティ]画面を開く

Windows 11のプレビュー版をインストールする方法。Devチャネル登録済みのWindows 10からアップグレード

Windows 10でInsider ProgramのDevチャネルに登録後、[設定]を開いて[更新とセキュリティ]をクリックします。

2Windows Updateを実行する

Windows 11のプレビュー版をインストールする方法。Devチャネル登録済みのWindows 10からアップグレード

Windows Updateを開くと、自動的に「Windows 11 Insider Preview 10.0.22000.51(co_release)」のダウンロードが開始されます。自動的にダウンロードが開始されないときは[更新プログラムのチェック]をクリックしてみましょう。

3パソコンを再起動する

Windows 11のプレビュー版をインストールする方法。Devチャネル登録済みのWindows 10からアップグレード

ダウンロードとインストールが完了すると、再起動が求められます。[今すぐ再起動する]をクリックして再起動します。

4アップグレードが開始された

Windows 11のプレビュー版をインストールする方法。Devチャネル登録済みのWindows 10からアップグレード

Windows 11へのアップグレードが開始されます。何度か自動的に再起動されます。

5Windows 11にサインインする

Windows 11のプレビュー版をインストールする方法。Devチャネル登録済みのWindows 10からアップグレード

インストールと再起動が実行され、完了するとWindows 11のロック画面が表示されます。

Windows 11のプレビュー版をインストールする方法。Devチャネル登録済みのWindows 10からアップグレード

今まで使っていたアカウントを使って、Windows 11にサインインします。

6Windows 11へのアップグレードが完了した

Windows 11のプレビュー版をインストールする方法。Devチャネル登録済みのWindows 10からアップグレード

Windows 11のデスクトップが表示され、アップグレードされたことを確認できました。

Windows Insider ProgramのDevチャネルに登録済みのWindows 10で、Windows 11のプレビュー版をインストールする方法を紹介しました。Windows 11へのアップグレード後、どのようなデータが引き継がれるかについては、次回の記事で解説します。

Windows 11の関連記事

Windows 11の新機能と変更点。デザイン刷新などプレビュー版からわかる9つの特徴

2021年6月、Windows 11のプレビュー版である「Windows 11 Insider Preview」がリリースされました。Windows 10から大幅にデザインや機能が強化されているのが特徴です。何が変わって、どう良くなったのかを、Insider Previewで確認してみましょう。