Windows 10から11に引き継がれるデータを検証

Windows 11は、Windows Insider ProgramのDevチャネルに登録している環境なら、Windows Update経由で簡単にアップグレードすることができます。

しかし、本当にアップグレードしてしまっても大丈夫なのでしょうか?

本記事執筆時点でのWindows 11はプレビュー版なので、ふだん使っているパソコンにインストールすることは避けるべきで、サブマシンなどにインストールすることを強く推奨します。ただ、それでもアップグレードによってデータが消えたり、設定がやり直しになってしまったりすると困ります。

Windows 11は見た目が大きく変わりましたが、OSの基本部分はあまり変更されていません。このため、ほとんどのデータや設定を維持したままアップグレードできますが、Windows 10で使っていた状態が再現されない部分もあります。

ここでは以下の8つの要素に分けて、Windows 11にデータが引き継がれるかどうかを確認してみました。もちろん、すべてのデータを検証するのは不可能なので主なデータのみとなりますが、Windows 11をテストする際の参考にしてください。

アカウントやPIN

Windows 10にサインインするためのアカウントは引き継がれます。パスワードやWindows 10で設定したPINも、そのまま利用可能です。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 10のサインイン画面です。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

こちらはWindows 11のサインイン画面。Windows 10のアカウントが引き継がれ、同じPINでのサインインが可能です。

ドキュメントなどのファイル

文書や写真などのファイルはWindows 11でもそのまま保持されます。OneDriveと同期している場合はもちろんですが、次のような同期していないファイルも引き継がれます。

  • ローカルの[ドキュメント]フォルダー(c:\users\ユーザー名\Documents)
  • ローカルの独自フォルダー(c:\data など)
  • [ごみ箱]のファイル

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 10のフォルダーウィンドウです。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 11のフォルダーウィンドウ。[ドキュメント]や[ごみ箱]にあるファイルが引き継がれていることが分かります。

デスクトップのショートカットやファイル

デスクトップに保存したショートカットやファイルなども問題なく引き継がれます。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 10のデスクトップにあるショートカットとファイルです。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 11のデスクトップ。ショートカットとファイルが引き継がれています。

タスクバーにピン留めしたアプリ

タスクバーにピン留めしたアプリは引き継がれます。そのままWindows11からも起動できます。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 10のタスクバーにあるピン留めしたアプリです。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 11ではタスクバーの中央に位置が変わりますが、同じアプリが表示されています。

スタートメニューにピン留めしたアプリやタイル

Windows 11では、スタートメニューが変更されます。ピン留めされるアプリは初期化されるため、Windows 10でピン留めしたアプリは引き継がれません。また、タイルも廃止されるので引き継がれません。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 10のスタートメニューです。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 11のスタートメニュー。[ピン留め済み]のアプリにWindows 10の状態が引き継がれておらず、タイル表示でもなくなっています。

メール

Windows 10のメールアプリに登録しているアカウントのほか、受信したメールもそのまま引き継がれます。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 10のメールアプリです。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 11のメールアプリ。ほぼ変わりなく利用できます。

ブラウザーのお気に入り

Edgeのお気に入りや履歴は引き継がれるのでそのまま利用できます。なお、Internet Explorer 11は廃止となるため、起動できません。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 10のブラウザー(Edge)です。

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 11のEdge。お気に入りが引き継がれ、Windows 10と同じ操作感で使えます。

その他

このほか、インストールされているアプリも基本的に引き継がれます。アプリがWindows 11に対応するかどうかは、まだ公表されていないため一概には言えませんが、ほとんどのアプリをWindows 11でも使えると考えていいでしょう。

また、Windows 10のエディションも引き継がれます。Windows 10 Homeからアップグレードした場合は、同じWindows 11 Homeで利用することになります。

Windows 11の関連記事

Windows 11の新機能と変更点。デザイン刷新などプレビュー版からわかる9つの特徴

2021年6月、Windows 11のプレビュー版である「Windows 11 Insider Preview」がリリースされました。Windows 10から大幅にデザインや機能が強化されているのが特徴です。何が変わって、どう良くなったのかを、Insider Previewで確認してみましょう。