Windows 11の人気・定番記事を一挙公開

2021年10月、Windowsの最新バージョンとして「Windows 11」がリリースされました。Windows 10の後継にあたるOSですが、「Fluent」(フルーエント)と呼ばれるコンセプトに基づいた新デザインが採用され、見た目が大きく変わっているのが特徴です。

Windows 11 Insider Previewの概要

Windows 11のデスクトップとフォルダーウィンドウ。全体的なデザインが変更されているほか、タスクバーの[スタート]ボタンやアプリのアイコンが中央に並んでいるのが目を引きます。

Windowsの新しいバージョンというと、新しいパソコンを購入したり、別途ライセンスを用意したりする必要があると思った人もいるかもしれません。しかし、Windows 11のシステム要件を満たしていれば、Windows 10から無償でアップデート(アップグレード)が可能です。

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

マイクロソフトが提供する「PC正常性チェックアプリ」を利用すれば、今使っているパソコンがWindows 11のシステム要件を満たしているか、簡単に確認できるようになっています。

できるネットでは、Windows 11がもたらす新しい使い方にフォーカスし、新機能や変更点、定番テクニック、おすすめの設定などについて解説しています。以下のインデックスから気になる記事をまとめてチェックしてください。

新機能・変更点

人気
スタートメニューの位置をカスタマイズ

Windows 11のスタートメニューを左側に表示する方法。標準の中央配置から使い慣れた場所に戻せる

Windowsの最新バージョン「Windows 11」では、[スタート]ボタンや[スタート]メニューの位置が従来の左側から中央へと変更されました。新しい[スタート]メニューの基本操作とあわせて、左側に戻す方法を覚えておきましょう。

人気
ニュースやアプリの情報をすばやく表示

Windows 11の「ウィジェット」をカスタマイズする方法。追加・削除、タスクバーボタンの非表示まで

Windows 11の新機能のひとつに、タスクバーから表示できる「ウィジェット」があります。天気やニュース、よく使うフォルダーなど、自分好みのアプリや情報を表示することが可能です。このウィジェットをカスタマイズする方法を見ていきましょう。

人気
仮想デスクトップで作業スペースが倍増

Windows 11の「仮想デスクトップ」の使い方。別々の壁紙を設定すれば切り替えで迷わない

Webブラウザーでの調べ物、Excelでの文書作成など、作業に応じてデスクトップを切り替えられる「仮想デスクトップ」が、Windows 11でさらに便利になりました。基本的な使い方と、デスクトップごとに異なる壁紙(背景画像)を設定する方法を紹介します。

ウィンドウを美しく並べて作業効率アップ

Windows 11の「スナップウィンドウ」の使い方。ウィンドウを画面の左右にピッタリ整列できる

アプリやフォルダーのウィンドウを、デスクトップの半分や4分の1のサイズにして整列できる機能「スナップウィンドウ」が、Windows 11でさらに使いやすくなりました。マウス操作で表示できるメニューから、整列する位置を選択できます。

インターネットからの情報収集に便利

Windows 11の「コレクション」の使い方。Microsoft Edgeでの情報収集を効率化できる

Windows 11の「コレクション」の機能を使ってみましょう。WebブラウザーのMicrosoft Edgeに搭載されている機能の1つで、Webページや画像、テキストなどをクリッピングでき、Webページを巡回しての情報収集がはかどります。

Microsoft Storeでデスクトップを一新

Windows 11の「テーマ」を入手する方法。デスクトップの見た目をまとめて変更できる

ウィンドウズ・イレブンではユーザーインターフェイスが一新され、標準の壁紙も新しいものになりましたが、ときには気分を変えたいこともあるでしょう。Microsoft Storeから「テーマ」を入手すれば、無料で美しい壁紙などをダウンロード可能です。

定番テクニック

キー操作とアプリを使い分けよう

Windows 11のパソコンでスクリーンショットを撮影・保存する3つの方法

ウィンドウズ・イレブンで画面のスクリーンショット(キャプチャ)を撮影する方法はいくつかあり、キー操作とアプリ、クリップボードへの保存と画像ファイルとしての保存など、それぞれに特徴があります。撮影したいシーンにあわせて使い分けられるようにしましょう。

エクスプローラーのみで処理できる

Windows 11のパソコンでファイルを圧縮・展開(解凍)する方法

複数のファイルをひとつにまとめて扱いやすくしたり、ファイルサイズを小さくしたりできる「圧縮」の操作は、ウィンドウズ・イレブンでも特別なアプリを使うことなく行えます。元に戻す展開(解凍)も含めて、エクスプローラーでの操作を覚えましょう。

おすすめ設定

人気
アプリは削除せず自動起動だけを回避

Windows 11でTeamsの自動起動を無効にする方法。ウィンドウを毎回閉じるのが面倒なときに

チャットやWeb会議のためのコミュニケーションツール「Microsoft Teams」は、Windows 11に標準搭載されています。通常はパソコンを起動するとTeamsも自動起動しますが、これが不要な場合は、設定を変更して無効にするといいでしょう。

アップデート(アップグレード)/Insider Preview

人気
Windows 11に更新可能かをチェック

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

Windowsの最新版「Windows 11」がリリースされました。ユーザーインターフェイスが刷新され、数多くの新機能が搭載された一方で、Windows 10から無償でアップデート(アップグレード)が可能です。ただし、パソコンの最低システム要件には注意が必要です。

新たなデザインに使いやすさが盛り込まれている

Windows 11の新機能と変更点。デザイン刷新などプレビュー版からわかる9つの特徴

2021年6月、Windows 11のプレビュー版である「Windows 11 Insider Preview」がリリースされました。Windows 10から大幅にデザインや機能が強化されているのが特徴です。何が変わって、どう良くなったのかを、Insider Previewで確認してみましょう。

Insiderに登録してDevチャネルを選択

Windows 11のプレビュー版を入手する方法。Windows Insider ProgramのDevチャネルに登録しよう

Windows 11のプレビュー版(Insider Program)を入手するには、Windows 10の[設定]画面からWindows Insider Programに登録する必要があります。サブマシンや使っていないパソコンから登録し、いち早くWindows 11を試してみましょう。

アップグレードはすべて自動で実行される

Windows 11のプレビュー版をインストールする方法。Devチャネル登録済みのWindows 10からアップグレード

Windows 11 Insider Previewを利用するには、Windows Insider ProgramのDevチャネルに登録済みのWindows 10からWindows Updateを実行します。Windows 11のダウンロードが自動的に開始され、アップグレードが可能です。

Windows 10から11に引き継がれるデータを検証

Windows 11のプレビュー版に引き継がれるデータと消えるデータ。アップグレードしても大丈夫?

Windows 11を使ってみたいけど、今までのデータや設定が消えてしまうと困る……。そう悩んでいる人も多いでしょう。ここでは、Windows 11 Insider Previewへのアップグレードによって、どのデータが引き継がれるのかを検証してみます。