定番ソフト「筆まめ」で年賀状を作ろう

2018年も終わりが近づき、年賀状作りのシーズンに入りました。年末の忙しい時期には、なるべく手早く簡単に、素敵な年賀状を作りたいものですよね。

ここでは創刊25周年を迎えたインプレスの年賀状ムック『はやわざ筆まめ年賀状2019』をベースに、「筆まめVer.28 ベーシック」の使い方を解説します。年賀状イラストの読み込みなど、一部の操作はムックの付属DVD-ROMがあることを前提にしていますが、多くはムックの有無にかかわらず同じ操作で使えます。

「筆まめVer.28」で年賀状を作る方は、ぜひ参考にしてください。

はやわざ筆まめ年賀状2019

はやわざ筆まめ年賀状2019
※書影をクリックするとAmazonにジャンプします

累計2,500万部の信頼と安心! 創刊25周年を迎える年賀状素材集の【元祖】インプレスが送る、売上No.1人気年賀状ソフト「筆まめ」が付いた素材集です。

インプレスブックスで詳細を見る
※[試し読み]からすべての素材が見られます

『はやわざ筆まめ年賀状2019』より

筆まめVer.28 ベーシックの使い方

起動・終了方法

1筆まめを起動します。

筆まめVer.28の使い方:起動方法

2筆まめを終了するには、オープニングメニューで[筆まめの終了]をクリックします。

筆まめVer.28の使い方:終了方法

HINTスタートメニューから起動

デスクトップに「筆まめ Ver.28起動」アイコンが見当たらない場合は、スタートメニューから起動します。

筆まめVer.28の使い方:スタートメニューから起動

▲目次に戻る

年賀状イラストを読み込む

1「筆まめVer.28 ベーシック」を起動し[デザイン面を作る]タブを選択し、[白紙から文面デザインを作る]をクリックします。

筆まめVer.28の使い方:年賀状イラストを読み込む

「筆まめVer.28 ベーシック」は「筆まめVer.28」の基本機能のみを搭載した製品です。そのため、一部の機能は使用することができません。デザイン面を作成する場合は、必ず[白紙から文面デザインを作る]から始めてください。

2[用紙の選択]から[はがき]を選択を選択します。

筆まめVer.28の使い方:年賀状イラストを読み込む

紙小物などの作成でA4サイズにしたいときは[普通紙]から選択します。

3使用するプリンタの設定を行います。[プリンタのプロパティ]を開きます。

筆まめVer.28の使い方:年賀状イラストを読み込む

筆まめVer.28の使い方:年賀状イラストを読み込む

4用紙サイズや印刷の向きを設定します。

筆まめVer.28の使い方:年賀状イラストを読み込む

プリンタのプロパティ画面は、機種によって異なります。

5付属DVD-ROMから年賀状イラストを読み込みます。 この時、DVD-ROMがパソコンにセットされていることを必ず確認してください。

筆まめVer.28の使い方:年賀状イラストを読み込む

筆まめVer.28の使い方:年賀状イラストを読み込む

自分で賀詞や添え書きを変更したい場合は、ファイル名の末尾に「A」または「B」の付いているイラストを読み込みましょう。

6年賀状の位置や大きさを印刷可能領域に合わせて調整します。

筆まめVer.28の使い方:年賀状イラストを読み込む

四隅にある□をドラッグすると、縦横比を変えずに拡大・縮小できます。

▲目次に戻る

年賀状に文字を加える

1年賀状イラストを読み込んだ状態で文章入力欄を表示します。

筆まめVer.28の使い方:年賀状に文字を加える

2フォント、色、文字の方向などを設定し、文章を入力します。

筆まめVer.28の使い方:年賀状に文字を加える

3文章枠の位置や大きさを調整します。

筆まめVer.28の使い方:年賀状に文字を加える

文字領域をクリックすると、「文章枠設定」が表示され、再び文字を編集できるようになります。

HINT筆まめに収録されている定型文章を使おう

いざ文章を入力しようとしたとき、何を書けばいいか迷った経験はありませんか?

筆まめVer.28 ベーシックに収録されている定型文章ツールでは、様々な状況に合わせた定型文章を入力することができます。

筆まめVer.28の使い方:年賀状に文字を加える

筆まめVer.28の使い方:年賀状に文字を加える

筆まめVer.28の使い方:年賀状に文字を加える

▲目次に戻る

年賀状にパーツを加える

1付属DVD-ROMからパーツを読み込みます。

筆まめVer.28の使い方:年賀状にパーツを加える

筆まめVer.28の使い方:年賀状にパーツを加える

2パーツの位置や大きさを調整します。

筆まめVer.28の使い方:年賀状にパーツを加える

筆まめVer.28の使い方:年賀状にパーツを加える

配置したパーツを削除するには、選択して[Delete]キーを押します。

▲目次に戻る

デジカメ年賀状を作成する

1デジカメ年賀状を読み込んだ状態で、写真を取り込みます。

筆まめVer.28の使い方:デジカメ年賀状を作成する

筆まめVer.28の使い方:デジカメ年賀状を作成する

2枠の形に合わせて写真を切り抜きます。

筆まめVer.28の使い方:デジカメ年賀状を作成する

筆まめVer.28の使い方:デジカメ年賀状を作成する

切り抜きはおもに複数の枠がある年賀状で必要な作業です。1枠の年賀状ではやらなくても問題ありません。

3写真を年賀状の背面へ移動します。

筆まめVer.28の使い方:デジカメ年賀状を作成する

切り抜きをやり直したいときは手順2の操作を再度行います。

4枠に合わせて写真の位置や大きさを変更します。

筆まめVer.28の使い方:デジカメ年賀状を作成する

複数枠の年賀状では、手順1~4を繰り返します。

HINT写真の色をきれいに調整しよう

デジカメ年賀状では写真の色も大事な要素です。「筆まめレタッチ」機能を使えば、かんたんに写真の色補正をすることができます。

筆まめVer.28の使い方:デジカメ年賀状を作成する

筆まめVer.28の使い方:デジカメ年賀状を作成する

▲目次に戻る

裏面を印刷する

1プリンタの設定を行います。

筆まめVer.28の使い方:裏面を印刷する

筆まめVer.28の使い方:裏面を印刷する

筆まめVer.28の使い方:裏面を印刷する

プリンタのプロパティ画面は、機種によって異なります。

2印刷部数を指定して、印刷します。

筆まめVer.28の使い方:裏面を印刷する

年賀はがきを印刷する前に、本誌付録の「テストプリント用紙」で試し刷りをして色やレイアウトを確認しましょう。

▲目次に戻る

裏面を保存する

1裏面を保存します。

筆まめVer.28の使い方:裏面を保存する

筆まめVer.28の使い方:裏面を保存する

ファイル名に付く拡張子「.fwb」は自動的に付加されますので、入力の必要はありません。

2保存したレイアウトは、オープニングメニューから呼び出します。

筆まめVer.28の使い方:裏面を保存する

▲目次に戻る

差出人を登録する

1「オープニングメニュー」の[宛名面を作る]から、差出人編集画面を表示します。

筆まめVer.28の使い方:差出人を登録する

2自分の名前や住所、印刷したい情報を入力し、登録します。

筆まめVer.28の使い方:差出人を登録する

HINT差出人を複数登録するには

自分の名前だけで出す相手、夫婦連名で出す相手など、相手によって差出人を変更したいときには、別に登録を行いましょう。差出人登録画面の「データリスト」で[差出人2]などを選択して登録します。

筆まめVer.28の使い方:差出人を登録する

▲目次に戻る

住所録を作成する

1「オープニングメニュー」の[宛名面を作る]から、差出人編集画面を表示します。

筆まめVer.28の使い方:住所録を作成する

2宛先の新規登録、修正などを行います。

筆まめVer.28の使い方:住所録を作成する

新しく宛先を追加するには、[連絡先カード追加]をクリックします。

3すべての宛先を入力し終わったら[保存]をクリックし、住所録に名前を付けて保存します。

筆まめVer.28の使い方:住所録を作成する

▲目次に戻る

宛名面のレイアウトを調整する

1基本レイアウトを選択します。

筆まめVer.28の使い方:宛名面のレイアウトを調整する

筆まめVer.28の使い方:宛名面のレイアウトを調整する

設定したレイアウトは、すべての宛先に反映されます。

2宛先の書体を選択します。

筆まめVer.28の使い方:宛名面のレイアウトを調整する

筆まめVer.28の使い方:宛名面のレイアウトを調整する

3文字の位置や大きさを調整します。

筆まめVer.28の使い方:宛名面のレイアウトを調整する

▲目次に戻る

宛名面を印刷する

1プリンタの設定を行います。

筆まめVer.28の使い方:宛名面を印刷する

筆まめVer.28の使い方:宛名面を印刷する

筆まめVer.28の使い方:宛名面を印刷する

2印刷を実行します。

筆まめVer.28の使い方:宛名面を印刷する

差出人を複数登録していると、「差出人データの確認」が表示されます。確認して問題なければ[確認して印刷開始]をクリックすると印刷が始まります。

▲目次に戻る

よくある質問と回答

インストール

付属DVD-ROMが読み込めない

ディスクのデータ読み取り面(印刷がされていない面)に汚れがないかどうか確認してください。汚れがある場合は、柔らかい布で軽く中央の穴から外側方向に拭いてください。

また、ディスクではなくDVDドライブに問題がある可能性もあります。お手元のほかのDVD ディスクをセットしても読み込めない場合は、パソコンメーカーにお問い合わせください。ドライブのレンズ汚れは、市販のクリーニングディスクを利用してみましょう。

インストーラーがなかなか起動しない

なんらかの原因でDVD-ROMドライブからうまくデータ読み取りができていないと、インストーラーの起動に時間がかかる場合があります。一度パソコンを再起動して、お試しください。

改善しない場合は「はやわざ筆まめ2019」のDVD-ROMを開き、「筆まめ」フォルダをフォルダごとデスクトップなどにコピーし、コピーしたフォルダ内の[fmbw928]をダブルクリックしてください。

「指定されたプログラムは、新しいバージョンのWindowsを必要とします。」というメッセージが出た

Windows 7でOSのバージョンが低い場合に表示されます。Windows Updateを実行するなどして、最新の状態にアップデートしてください。Windows 7はSP1以上に対応しています。

インストールがうまくできない場合/「ハードディスクの容量が足りません」というメッセージが表示される

パソコンが「筆まめVer.28 ベーシック」の動作条件を満たしているかご確認ください。満たしていない場合はインストールができなかったり、十分な動作が得られない場合があります。

また、インストールの際、他のソフトを起動しているとインストールができない場合があります。必ず他のソフトは終了した状態でインストールを行ってください。容量が足りない場合は、パソコン内の不要なファイルを削除しましょう。

古い「筆まめ」が入っているパソコンに「筆まめVer.28 ベーシック」をインストールしたい

「筆まめVer.28 ベーシック」をインストールして起動し、データを引き継いでください。その後、古い「筆まめ」をアンインストールしてください。製品版の古い「筆まめ」から「筆まめVer.28 ベーシック」に移行した場合、一部機能が利用できませんのでご注意ください。

裏面作成

「ご使用の「筆まめベーシック」は機能限定になりこの機能はご利用になれません。」と表示される

ムックに収録している「筆まめVer.28 ベーシック」は「筆まめVer.28」の基本機能のみを搭載したソフトです。年賀状を作成するときは必ず「白紙から文面デザインを作る」から始めてください。(他のボタンから新規のデザインを作成することはできません。)

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

イラストや写真を読み込むと「サイズが大きすぎる」という警告が出る

一定のサイズを超える大きさのデータを読み込むときに表示されます。パソコンのメモリ容量によっては、大きいデータをそのまま読み込むと動作が遅くなることがありますが、[はい]をクリックすると自動的に縮小して読み込まれます。

ただし印刷結果が粗くなってしまうこともあるので、カレンダーなど細かい文字がある画像を読み込むときは、[いいえ]を選択しましょう。

背面に移動した写真の位置や大きさを変更したい

「パーツリスト」で写真を選択して調整します。

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

差出人情報を裏面に挿入したい

デザイン作成時に「差出人の貼り付け」をクリックすると差出人情報を貼り付けることができます。その後、位置やサイズを調整してください。

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

ソフトの動作がとても遅い

サイズの大きい写真やイラストをたくさん取り込んだときに起こりやすい現象です。ペイントなどの画像加工ソフトで画像を小さくしてから作業を行ってください。また、起動中のソフトがある場合には、いったん終了してください。

宛名面作成

以前に作成した住所録の保存場所が分からない

まずは「ドキュメント」の「筆まめ」フォルダを確認してみましょう。見つからない場合は、Windowsの検索機能を使って、パソコン内を検索してみましょう。

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

上記のフォルダ内に探している住所録ファイルが保存されていなかった場合、一度筆まめを終了してWindowsの検索機能を使って住所録ファイルを検索してください。

Windows 10のファイル検索

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

Windows 8.1のファイル検索

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

Windows 7のファイル検索

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

なお、表示された住所録ファイルを右クリックして「ファイルの場所を開く」を選択すると、保存されているフォルダが開きます。

宛先の住所の数字を算用数字にしたい

初期設定では住所の数字は漢数字になっています。以下の手順で算用数字に変更してください。

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

宛名の連名の位置が揃わない

住所録のカードウィンドウで姓と名の間に空白スペースを入れてください。空白スペースを入れると連名は自動的に揃います。

宛先の連名を中央揃えにしたい

「宛名」→「レイアウトの設定」で設定します。

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

宛名面に差出人情報だけ印刷したい

住所録を開いて「連絡先カード追加」をクリックし、宛先を入力せずに印刷します。印刷するときは「現カードのみ」にチェックをし、部数を指定して印刷してください。

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

宛名面の差出人情報を消したい

宛名面作成時に「差出」ボタンをクリックすると、宛名面の差出人情報は非表示になります。

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

差出人情報に妻の旧姓や子どもの年齢を入れたい

住所録を開いて「差出人を作成・編集する」をクリックし、追加したい情報を入力します。

筆まめVer.28の使い方:よくある質問と回答

印刷・その他

フチなし印刷をしたい

プリンタ設定の際、「四辺フチなし」「フチなし印刷」などの項目にチェックを入れてください。ただし、プリンタの機種によってはフチなし印刷に対応していない場合があります。プリンタがフチなし印刷に対応しているかどうかについては、プリンタメーカーにお問い合わせください。

印刷された色がおかしい

インクが目詰まりしている可能性があります。長期間使用していないプリンタで起きやすい現象です。この場合はプリンタのヘッドクリーニングを行ってみましょう。クリーニングの方法はプリンタメーカーにお問い合わせください。

印刷がにじむ

プリンタの「用紙設定」と使う用紙の種類が一致していない場合に起こりやすい現象です。プリンタの設定画面で「用紙設定」を確認してください。特に普通紙に対して「光沢紙」などの設定で印刷するとにじむことが多いようです。

印刷時の「用紙設定」は?

「インクジェット紙」に印刷する場合はプリンタの設定画面で「郵便はがき(インクジェット紙)」「インクジェットはがき」などを選んでください。「写真用年賀はがき」に印刷する場合は「写真用紙」「光沢紙」などを選んでください。

また、宛名面に印刷するときは「はがき」または「普通紙」を選んでください。

印刷してもプリンタが反応しない

使用するプリンタを正しく選択していないか、プリンタが正しく接続されていない可能性があります。プリンタとパソコンの接続を確認し、印刷設定画面でプリンタを正しく選択しましょう。

無線LANなどで接続している場合、似た名前のプリンタが複数表示されることもありますので注意してください。また、他の文書ファイルなどは印刷できるか確認し、印刷できない場合はプリンタのマニュアルなどを参照して接続方法を確認してください。

裏面を印刷すると断続的に線が印刷される

プリンタのプロパティで[印刷品質]が「速い」などになっていると、品質よりも速さが優先され印刷結果に影響することがあります。「きれい」などにして印刷してください。

フチなし印刷に設定しているのに、端に白が出てしまう

プリンタの給紙トレイにはがきをセットする際に緩みがあったり、プリンタ側で印刷位置にずれが出ている可能性があります。給紙トレイを確認して改善されない場合、イラストが「印刷可能枠」に合わせて配置されているか確認しましょう。

また、はがきのまわりの絵柄が多少切れても問題ない場合は、はがきの大きさを「印刷可能枠」から少しはみ出して配置することも検討しましょう。

「筆まめVer.28 ベーシック」以外のソフトで年賀状を作りたい

JPEG形式とPNG形式が読み込めるソフトであれば使用できます。

▲目次に戻る