注目のBIツールで「できること」と「使い方」を学ぶ

予算と売上、Webサイトのアクセス状況、ネット広告のパフォーマンス、CRMなどのツールが出力する情報......。日々、PCを使って仕事をしているビジネスパーソンにとって、今や「データ」に触れない日はないと言ってもいいでしょう。

そのような中、近年注目を集めているのが「BI(ビジネス・インテリジェンス)ツール」です。大量のデータをグラフなどの形で「視覚化」することで、そこに隠れている事実を人間が読み取れるようにするBIツールは、まさにExcelやPowerPointのように、ビジネスの必需品となっていくことが予想されています。

できるネットでは、無料で使えるBIツールとして注目を集めている「Googleデータポータル」(旧:データスタジオ)の使い方を連載形式で解説。サンプルデータを基に、効果的なグラフ化やダッシュボード構築の方法を学べるようにしています。

Googleデータポータルの使い方まとめ。無料のBIツールでデータの視覚化・ダッシュボードの作成を始めよう

以下の記事を参考に、BIの世界へ一歩踏み出してみましょう! 新しい記事が公開されしだい、一覧は随時更新します。

第1回
BIは「監視系」と「探索系」に大別できる

【Googleデータポータル】BIツールはもう誰でも使える! 主要ツールと2つの種類を理解する

「BI」および「BIツール」という言葉を、ビジネスにおいて見聞きする機会が増えています。本コンテンツでは無料で使えるBIツール「Googleデータポータル」(旧データスタジオ)の使い方を通して、データの視覚化と分析の具体的な方法を解説していきます。

第2回
「レポート」から「ダッシュボード」への入口に

【Googleデータポータル】レポートとダッシュボードの違い。Excelから移行すべき理由とは?

社内の定例レポートは、本来はダッシュボードとして運用されるべきです。「Googleデータポータル」(旧データスタジオ)を使えば、毎月同じデータをExcelのフォーマットに流し込む作業から卒業し、データドリブンなビジネスのスタート地点に立てるようになります。

第3回
データポータルのホーム画面にアクセスする

【Googleデータポータル】まずはログインから。ホーム画面とレポートの基本操作を確認しよう

ここからは「Googleデータポータル」(旧データスタジオ)の実際の画面で、具体的な使い方を見ていきましょう。今回は「レポート」「データソース」「エクスプローラ」が並ぶホーム画面と、「テンプレート」を例にしたレポートの基本操作を解説します。

第4回
グラフの基になる「データソース」に接続する

【Googleデータポータル】データソースに接続する方法。視覚化するデータをスプレッドシートから取り込もう

データポータル(旧データスタジオ)では、グラフなどの基になるデータを外部のサービスやファイルに「接続」することで取得します。今回はGoogleスプレッドシートにあるサンプルファイルに接続し、「データソース」として保存する方法を見ていきましょう。

第5回
グラフによるデータ視覚化の基本を理解する

【Googleデータポータル】日別の売上目標・実績を棒グラフで表現。データ視覚化の基本を理解する

データポータル(旧データスタジオ)でレポートを作成し、データを視覚的に表現したグラフを配置してみましょう。接続したデータソースを読み込み、白紙状態のレポートにコンポーネント(部品)を配置してレポートを構成していく基本的な流れを見ていきます。

第6回
「何を見せるためのデータなのか」を表現する

【Googleデータポータル】フィルタの使い方。見るべきデータだけに絞り込んで分かりやすいグラフに仕上げる

データポータル(旧データスタジオ)で作成したグラフに「フィルタ」を設定してみましょう。フィルタとはデータを絞り込むための条件を指し、必要な情報だけを視覚化した見やすいレポートを作成するうえで不可欠な機能です。

第7回
グラフの見栄えを左右するスタイルを調整する

【Googleデータポータル】グラフの見栄えをよくするには? スタイルを駆使して「伝わる」デザインにする

データポータル(旧データスタジオ)を使えば、見やすいグラフを簡単に作れますが、見せたいデータが見やすい「伝わる」グラフにするには、色の変更や軸の調整などが必要です。「スタイル」の設定を理解しましょう。

第8回
よいダッシュボードに仕上げるための基本を知る

【Googleデータポータル】ダッシュボードをデザインするコツ。主題を明確にし、マクロからミクロへ掘り下げる

データポータル(旧データスタジオ)を使って、常時監視しておくべきデータをまとめたダッシュボードを作るにあたり、覚えておきたいコツを2つ紹介します。実際のダッシュボードを見ながら学んでいきましょう。

第9回
「単価」や「率」の指標を求めるときに便利

【Googleデータポータル】計算フィールドの作成方法。データソースの中に新しい指標を追加する

データポータル(旧データスタジオ)では、データソース内のデータを関数や演算子を使って計算し、グラフで使うことができます。元データにはない新しい指標を作成できる「計算フィールド」の基本操作について解説します。

第10回
個別のグラフで使いたい指標を柔軟に作成

【Googleデータポータル】計算フィールドを直接グラフに追加する「埋め込み計算式」の使い方

データポータル(旧データスタジオ)の計算フィールドでは、四則演算や関数で求めた新しい指標をデータソース内に作成できますが、データソースには手を加えず、グラフ上に計算に基づく指標を作成することもできます。今回は「埋め込み計算式」について解説します。

第11回
複数のデータを掛け合わせた視覚化を実現

【Googleデータポータル】「混合データ」の作成方法。複数のデータソースを共通するキーで統合する

データポータル(旧データスタジオ)のレポートにおいて、複数のデータソースにあるデータをグラフなどで使いたいときは、「混合データ」の機能を利用します。「日付」や「店舗名」など、共通するキーとなる項目を使ったデータソースの統合が可能です。

第12回
混合データと計算フィールドで欲しいデータが手に入る

【Googleデータポータル】サンプルで実践!混合データと計算フィールドを組み合わせたグラフ作成

複数のデータソースを共通のキーで組み合わせる「混合データ」と、計算によって新しい指標を作る「計算フィールド」を使いこなせば、データポータル(旧データスタジオ)で柔軟なグラフ表現が可能になります。サンプルデータで実践してみましょう。