曜日の取得

WEEKDAY 日付から曜日を取り出す

対応バージョン:2013 2010 2007

日付から「曜日」に当たる数値を取り出します。

入力方法と引数

WEEKDAYウィーク・デイシリアル値, 種類

シリアル値「曜日」を取り出したい日付をシリアル値または文字列で指定します。
種類戻り値の種類を次のように指定します。
1または省略戻り値が1(日曜)〜7(土曜)の範囲の整数
2戻り値が1(月曜)〜7(日曜)の範囲の整数
3戻り値が0(月曜)〜6(日曜)の範囲の整数

使用例日付から曜日を表す数値を取り出す

WEEKDAY関数

活用のポイント

  • 戻り値は曜日を表す整数(1〜7、または0〜6)になるので、ほかの数式の計算対象として簡単に利用できます。たとえばIF関数の条件として使えば、曜日の違いに応じて異なる計算をすることができます。
  • シリアル値は、「1900年1月1日」を「1」として、以後の経過日数を数値で表したものです。たとえば「1900年1月2日」は「2」と表され、「2014年7月18日」は「41834」と表されます。

関連する関数