文字列の置換

SUBSTITUTE 検索した文字列を置き換える

対応バージョン:2016 2013 2010 2007

[文字列]のなかにある[検索文字列]を[置換文字列]に置き換えて、置換後の文字列を表示します。同じ文字列が複数ある場合には、何番目の文字列を置き換えるかを[置換対象]に指定することができます。

入力方法と引数

SUBSTITUTEサブスティチュート文字列, 検索文字列, 置換文字列, 置換対象

文字列検索の対象となるもとの文字列を指定します。数値を直接指定することもできます。
検索文字列[文字列]のなかから検索する文字列を指定します。数値を直接指定することもできます。
置換文字列[文字列]のなかで見つかった[検索文字列]と置き換える文字列を指定します。数値を直接指定することもできます。
置換対象[文字列]のなかで、複数の[検索文字列]が見つかったときに、何番目の文字列を置き換えるかを指定します。省略した場合、すべての[検索文字列]が[置換文字列]に置き換えられます。

使用例部署名の「部」を「事業部」に置き換える

SUBSTITUTE関数

活用のポイント

  • [文字列]に「""」(空白の文字列)を指定すると、「""」が返されます。
  • [検索文字列]に「""」を指定すると、[文字列]がそのまま返されます。
  • [置換文字列]に「""」を指定すると、見つかった[検索文字列]を削除した文字列が返されます。
  • 英字の大文字と小文字、半角文字と全角文字はすべて区別されます。たとえば、半角の「A」、全角の「A」、「a」はすべて別の文字とみなされます。
  • 文字列を引数に直接指定する場合は「"」で囲んで指定します。

関連する関数