誤差関数

ERFC 相補誤差関数を積分した値を求める

ERFC.PRECISE 相補誤差関数を積分した値を求める

対応バージョン(ERFC関数):2013 2010 2007
対応バージョン(ERFC.PRECISE関数):2013 2010

相補誤差関数を[下限]〜∞(無限大)の区間で積分した値を求めます。

入力方法と引数

ERFCエラー・ファンクション・シー下限

ERFC.PRECISEエラー・ファンクション・シー・プリサイス下限

下限誤差関数を積分するときの下限を指定します。積分するときの上限は常に∞(無限大)となります。

使用例下限〜∞の区間で相補誤差関数を積分した値を求める

ERFC関数

活用のポイント

  • 使用例では、セルC4に「=ERFC.PRECISE(A4)」と入力し、ERFC.PRECISE関数を使った場合の結果も表示しています。ERFC関数とERFC.PRECISE関数は、どちらも同じ結果を返すことがわかります。

関連する関数