集計値

CUBEVALUE キューブの集計値を求める

対応バージョン:2013 2010 2007

キューブの集計値を求めます。

入力方法と引数

CUBEVALUEキューブ・バリューセット, メンバー式1, メンバー式2, ..., メンバー式254

接続名キューブへの接続名を指定します。
メンバー式キューブのメンバーや組を表わす多次元式を指定します。254個まで指定できます。CUBESET関数で求めたセットを指定することもできます。これらの[メンバー式]をスライサーとして、指定された部分の合計が返されます。

使用例指定したメンバーの合計を求める

CUBEVALUE関数

活用のポイント

  • キューブ関数を利用するには、Microsoft SQL Server Analysis Servicesのデータソースと接続しておく必要があります。使用例はサーバーとデータベースが用意できている前提のもとで作成されています。なお、利用しているデータベースはMicrosoft SQL Server 2012向けに提供されているサンプルデータベース「Adventure Works DW 2012」です。
  • 集計などに使うデータを絞り込むための軸をスライサーと呼びます。たとえば、ある年の売上の合計を求める場合には、「年」がスライサーとなります。
  • [メンバー式]にメジャーが指定されていない場合は、キューブの既定のメジャーが使われます。メジャーとは、キューブ関数で売上金額や個数などの「集計に使われる値」のことです。

関連する関数