「=SUM(引数)」で数値の合計を求める

  1. セルA1、A2、A3の合計を求めるためにSUM関数を使うには、「=SUM(A1:A3)」のようにセル範囲を指定します
  2. 「=SUM(B2,D4,E10)」のようにカンマで区切って離れたセルを指定したり、「=SUM(B2,20)」のように数値を指定したりもできます
  3. 指定したセルに数字以外のデータ(空白や文字)があった場合は無視します

数値の集計

SUM 数値を合計する

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010

[数値]の合計を求めます。

入力方法と引数

SUMサム数値1, 数値2, ..., 数値255

数値 合計を求めたい数値を指定します。「A1:A3」のようにセル範囲も指定できます。

使用例月ごとの売上金額の合計を求める

SUM関数の使い方

活用のポイント

  • 計算の対象になるのは、数値、文字列として入力された数字、またはこれらを含むセルです。空のセルや文字列の入力されたセルは無視されます。
  • [ 数式]タブの[関数ライブラリ]グループにある[合計]ボタンを使えば、SUM関数を簡単に入力できます。たとえば、使用例でセルB6 〜D6を選択してから[合計]ボタンをクリックすれば、3つのSUM関数が一度に入力できます。
  • セル範囲は1個の引数として扱われます。たとえば「=SUM(A1:A3,A5)」と入力した場合、引数は2個指定したことになります。

関連する関数