数値の集計

SUBTOTAL さまざまな集計値を求める

対応バージョン:2016 2013 2010 2007

[集計方法]に従って、さまざまな集計値を求めます。指定した[参照]の範囲内に、ほかのSUBTOTAL関数を使って集計した小計が含まれている場合は、自動的にそれらの小計を除外して集計値を求めます。

入力方法と引数

SUBTOTALサブトータル集計方法, 参照1, 参照2, ..., 参照254

集計方法 目的の集計値を得るための計算の種類を1〜11の値で指定します。詳しくは「計算の種類の一覧」を参照してください。101〜111の値を指定した場合は、非表示の行が集計対象から除外されます。ただし、横方向に集計している場合は、非表示の列は集計対象から除外されないので注意が必要です。
参照 集計したい数値が入力されているセルのセル参照を指定します。「A1:A3」のようにセル範囲を指定することもできます。なお、この引数に数値を直接指定することはできません。

計算の種類の一覧

集計方法集計機能同等の関数
1または101平均値を求めるAVERAGE
2または102数値の個数を求めるCOUNT
3または103データの個数を求めるCOUNTA
4または104最大値を求めるMAX
5または105最小値を求めるMIN
6または106積を求めるPRODUCT
7または107不偏標準偏差を求めるSTDEV.S
8または108標本標準偏差を求めるSTDEV.P
9または109合計値を求めるSUM
10または110不偏分散を求めるVAR.S
11または111標本分散を求めるVAR.P

使用例店舗ごとに小計と総合計を求める

SUBTOTAL関数

活用のポイント

  • 使用例では、セルC6とセルC10に、それぞれ小計を求めるSUBTOTAL関数が入力されていますが、セルC11ではそれらの小計を除外した総合計が求められています。
  • Excel 2016/2013/2010では、SUBTOTAL関数の機能を強化したAGGREGATE関数を使うといいでしょう。

関連まとめ記事