[an error occurred while processing this directive]

既存のテーマを変更する

WordPressのテーマを切り替えたり、カスタマイズしたりする方法を解説します。

WordPressのテーマのおすすめは「レスポンシブレイアウト」

WordPressでは豊富なテーマが提供されています。選ぶときには簡単にスマートフォン対応できる「レスポンシブレイアウト」対応がおすすめです。

テーマを選ぶときは「特徴フィルター」を利用する

テーマを選ぶときに「特徴フィルター」を利用すると、「レスポンシブレイアウト」を指定して絞り込むことが可能です。

テーマのカスタマイズに必要な[概観]メニューとテーマカスタマイザーの概要を知る

テーマのカスタマイズ方法を解説します。[外観]メニューやテーマカスタマイザーの項目を覚えましょう。

独自のテーマを作成する:準備編

HTMLやCSSを編集して、自分だけのWordPressのテーマを作ることができます。まずは、作業の流れや必要な準備を確認します。

独自のテーマを作る方法を知り、準備をする

テーマの編集で可能になることと、作業の概観を解説します。

高機能テキストエディター「Sublime Text」を使う

HTMLやCSSを編集するために「Sublime Text」を準備します。

テーマを構成するHTML、CSSの構造の解説

テーマを構成するファイルを開いて、HTMLやCSSの大まかな構造(書き方)を理解しましょう。

Windows/Mac対応のFTPソフト「FileZilla」を設定する

編集したファイルをサーバーに転送するために、FTPソフトのインストールと初期設定を行います。

テーマのファイルが保存されているディレクトリを把握する

編集するテーマがどのような形でサーバーに保存されているかを知り、FTPソフトでアクセスできるようにします。

独自のテーマを作成する:実践編

ここでは「子テーマ」という機能を使って、既存のテーマを書き換える形で独自のテーマを作っていきます。

「子テーマ」の仕組みと使い方

「子テーマ」とは、既存のテーマにはてを加えずにデザインを変更できる機能です。その仕組みと特長を解説します。

ディレクトリと「style.css」の作成

子テーマを作るときに最低限必要になる「style.css」ファイルを作ります。

「Theme Test Drive」プラグインでテーマを安全にテストする

作成したテーマの表示のテストには「Theme Test Drive」を利用します。テスト開始から公開までの方法を解説します。

独自のテーマを作成する:実例編

テーマを編集し、独自のデザインにする作業例を解説します。

カスタマイズ例:タイトルにロゴ画像を使う

サイトのタイトルに、会社やブランドのロゴ画像を使いましょう。header.phpを編集します。

カスタマイズ例:フッターにコピーライト表記を追加する

ページのフッターに情報を追加して、多くのサイトにあるコピーライト表記を表示させます。

カスタマイズ例:英字がすべて大文字にならないようCSSを書き換える

解説に使用しているテーマ「Twenty Fourteen」では、記事のタイトルなどいくつかの部分で、すべての英字が自動的に大文字になります。日本語のサイトでは違和感があるので、この設定を解除しましょう。

カスタマイズ例:Google AdSenseを自由な位置に配置する

サイトの自由な位置に、自由なサイズのGoogle AdSenseの広告を表示する方法を解説します。

カスタマイズ例:サイトに「パンくずリスト」を設置する

サイトの構造をわかりやすくし、SEOにも効果があると言わ「パンくずリスト」を作りましょう。パンくずリストの作成を助けるプラグイン「BreadcrumbNavXT」とテーマの編集を組み合わせます。

カスタマイズ例:CSSを書き換えてWebフォント「Google Fonts」を利用する

記事の中の英字に「Webフォント」の「Google Fonts」を使ってみましょう。header.phpとstyle.cssを編集してカスタマイズします。

テーマの作成・編集に役立つツール

テーマを作成・編集するときに役立つプラグインやブラウザーの機能があります。

「AddQuicktag」プラグインでタグの入力を効率化する

「AddQuickTag」を使うと長いタグを、簡単で正確に入力できます。独自のCSSを利用したいときなどに便利です。

ブラウザーの「開発者ツール」でWebページの構造を調べる

サイトの気になる部分を編集したい場合、ブラウザーの「開発者ツール」で該当部分のHTMLのコードを調べると便利です

ブラウザーの「開発者ツール」でCSSやHTMLを編集した結果をシミュレーションする

ブラウザーの開発者ツールを使ってWebページの構造を調べたときに、その場で編集の効果を試すこともできます。