非常時の情報収集に使える5本のアプリを厳選!

いつも使っているスマートフォンに、非常時に役立つアプリはインストール済みでしょうか? 9月1日は「防災の日」です。あらためてチェックしてみましょう。

スマホは主に情報収集やコミュニケーションに活躍しますが、コミュニケーションはLINEやTwitterなどの超定番が非常時でも使えます。ここでは、非常時の情報収集に活躍してくれるおすすめアプリを5本紹介します。

1. NHKニュース・防災 - 頼れるニュース&天気予報

NHK ニュース・防災 iPhone(App Store) | Android(Google Play)

NHKのニュースや天気予報をチェックできるアプリ。防災に関して非常に信頼性・速報性の高い情報源です。重大なニュースではライブ映像配信も利用できます。

2. Yahoo!防災速報 - 任意の災害通知を受信

Yahoo!防災速報 - 地震や豪雨など災害情報をいち早く通知 iPhone(App Store) | Android(Google Play)

地震、津波、豪雨、土砂災害、防犯情報やJアラートなど、非常に多くの災害速報を通知してくれるアプリ。通知を受け取る地域を最大3つまで設定できるため、家族が暮らす離れた地域の通知も受信可能です。

3. Radiko - 長時間の利用にも耐えられる情報源

iPhone(App Store) | Android(Google Play)

インターネットを通じてラジオ放送を聴ける「IPサイマルラジオ」のアプリ。Radikoの利点は長時間使い続けても電力消費やデータ使用量が少ないことで、避難中の情報収集にも安心して使えます。

4. 東京防災 - 防災コンテンツやブザーなど豊富な機能

東京都防災アプリ iPhone(App Store) | Android(Google Play)

東京都が提供している防災冊子をアプリ化したもの。都内限定ですが通信できないときにも利用可能なオフラインマップ機能のほか、救助の要請に使えるブザー機能、安否連絡機能なども搭載しており、東京都以外の人にも役立つアプリです。

5. わが家の防災ナビ- ハザードマップや防災グッズをチェック

わが家の防災ナビ
iPhone(App Store) | Android(Google Play)

日本気象協会が提供しているアプリ。ハザードマップで自宅や学校、職場周辺の危険度や避難所、防災施設をチェックできます。避難計画や防災用品の備蓄計画を立てる機能もあり、コンテンツを利用するほどポイントが貯まって、防災用品が当たるポイントキャンペーンに申し込めるのがユニークです。