毎日のデータ入力や資料作成がラクに

「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのために、Excel作業の効率化にフォーカスした使い方を解説する人気連載「エクセル時短」。これまでの記事を一覧にまとめました。

基本機能の意外な応用例から、関数を駆使した中級テクニックまで、実務ですぐに役立つ情報が盛りだくさん。特に閲覧数が多い記事には 人気と付記しました。何十分もかかっていた作業を一瞬で終わらせる、最強のExcel活用ノウハウを紹介します!

インデックス

各項目をクリックすると、一覧の該当箇所にジャンプします。

完全保存版! すべての関数を機能ごとに一覧化

関数と数式

小計がある表で使うべき関数とは? SUM関数よりSUBTOTAL関数でスピードアップ!

複数の小計を含む表の合計を求める作業って、けっこう手間がかかりますよね。データの集計に苦労しているなら、SUBTOTAL(サブトータル)関数を使ってみましょう。

今さら聞けないVLOOKUP関数の使い方。複雑な「4つの引数」を理解しよう 人気

VLOOKUP(ブイ・ルックアップ)関数はメジャーなExcel関数ですが、引数の指定が複雑で、困ってしまいがちです。よく知られているだけに今さら人には聞きにくい、VLOOKUP関数の使い方をマスターしましょう。

知ってる? SUBSTITUTE関数。文字修正が多すぎて終わらないときの救世主! 人気

Excelで文字列をまとめて修正したいとき、まず思い浮かぶのは「検索と置換」機能ですが、何度も繰り返すのは時間がかかります。より便利な方法として「SUBSTITUTE」(サブスティチュート)関数をマスターしましょう。

メールアドレスの「@」より前を自動で取り出す関数の組み合わせとは?

セル内の文字列を分割したいとき、どうしていますか? もし手作業でコピペしているなら、関数を使って時短しましょう。今回は「LEFT」(レフト)関数と「FIND」(ファインド)関数を組み合わせたワザを紹介します。

目視厳禁! 2つの表から違いを探し出す「最速の方法」とは?

Excelで作った2つの表に、似たようなデータが入力されていることがありますよね。目視で比較して神経をすり減らせていませんか? 数式を使えば、すばやく正確に違いを見つけられます。

「重複データ」に対処する2つの賢い方法。削除機能とCOUNTIF関数を使い分ける! 人気

Excelで作成した会員リストや在庫表に重複したデータが含まれていると、深刻なミスにつながることがあります。「重複データ」を一括削除、またはチェックして見つけ出すテクニックで対処しましょう。

常に変わらない通し番号を振るには? 数値以外の連番も作れる「ROW」関数の3段活用

Excelの表で連番を振るとき、セルの右下をドラッグする「オートフィル」は定番の操作ですが、行を入れ替えると振り直しが面倒です。常に通し番号を維持する「ROW」(ロウ)関数のテクニックを紹介します。

もうIF関数のネストは不要。新関数「IFS」で複数の条件指定を手早く済ます

セルの値が「90」以上なら「A」、「80」以上なら「B」のように、複数の条件で異なる結果を求めたいことがあります。今回は「IF」関数を組み合わせるよりも簡単な「IFS」(イフ・エス)関数を紹介します。

クリックしながら数えてない? データの個数はこの方法で求める!

セルに入力されたデータの個数を知りたいとき、クリックしながら目視で「1,2,3......」と数えてしまうのは時間のムダ。Excelの機能と関数を使った、2つのテクニックで解決しましょう。

条件を満たすデータの個数を一瞬で。隠れた名関数・COUNTIFとCOUNTIFSの使い方 人気

会員リストから男性だけ、30代の人だけを数えるには?「COUNTIF」(カウント・イフ)関数と「COUNTIFS」(カウント・イフ・エス)関数をマスターすれば、条件に一致するデータの個数をすぐに求められます。

SUM関数の一歩先へ! SUMIF関数の使いどころとワイルドカードの応用ワザ

今回は、条件を満たすデータを合計できる「SUMIF」(サム・イフ)関数を紹介します。定番の関数なので、利用頻度も高いはず。基本の使い方をマスターしておきましょう。ワイルドカードであいまいな条件を指定することもできます。

使いこなせてる? SUMIFS関数。条件を組み合わせて合計を求める人気関数!

いくつの条件に一致するデータを、すばやく合計したいことがあります。そんなときは「SUMIFS」(サム・イフ・エス)関数を使ってみてください。「SUMIF」(サム・イフ)関数と似ていますが、引数の指定方法が異なります。

意外と知らない「数値の丸め」。基本のROUND系関数をマスターする!

数値を四捨五入したい、もしくは切り捨て、切り上げしたいとき、自由自在に「丸め」られていますか? 引数の指定方法で戸惑いがちなROUND関数、ROUNDDOWN関数、ROUNDUP関数の使い方をまとめました。

これができたら関数中級者! 文章内の数値や日付を「TEXT関数」で自動更新するワザ

表の要約や補足を入力したあと、数値や日付を更新するのを忘れて、会議でミスを指摘された......なんてこと、ありませんか? 表の合計や今日の日付と連動させたいなら、TEXT関数の出番です。

縦横で交わるデータを取り出す!「クロス抽出」を実現する関数の組み合わせとは?

行と列のそれぞれのデータを条件として、クロスする箇所のデータを取り出す方法を知っていますか? 今回はExcelで「クロス集計」を実現する関数の組み合わせについて解説します。

絶対参照、「正しく」「速く」使えてる? 数式の修正をスムーズにする2つのショートカット

「相対参照」と「絶対参照」はExcelの基本。でも、正しく理解していなかったり、切り替えの操作に手間取ったりしている人が意外と多いようです。今回は絶対参照のおさらいに加えて、数式の修正で役立つテクニックを紹介します。

営業日、どうやって数える? WORKDAY関数とNETWORKDAYS関数で期日や日数を計算する

見積書や予定表などでは、営業日(稼働日)ベースでの日数計算が必要になることがよくありますよね。カレンダーを見ながら数えるのではなく、2つのExcel関数を使って効率的に求めましょう。

1カ月後の日付を正しく求めるには? 年や月だけを加減するための「4つの関数」を理解する

見積書の日付を入力したら、1カ月後の有効期限が自動的に表示されるようにしたい。今回はそんな計算に使える「YEAR」「MONTH」「DAY」「DATE」の4つの関数を見ていきます。

VLOOKUP関数の応用ワザ。2つの条件で値を検索するために組み合わせる関数とは?

VLOOKUP関数で「複数の条件」を指定できたらいいのに...と思うことはありませんか? 今回は「サービスNoと会員種別を指定すると実績が取り出される」といった数式を、ある関数を使って実現します。

「#N/A」や「0」が邪魔! エラー値や不要な数値を消すには「IFERROR」関数と「IF」関数が定番

「#N/A」「#REF!」といったエラー値、「0」などの不要な数値を非表示にしたいときは、関数を使えば解決できます。IFERROR関数とIF関数を使った方法を見ていきましょう。

計算しているセルはどれ? 入力済みの数式と値を見分ける2つの方法

誰かから受け取ったExcelファイルを修正するとき、数式と値が見分けられなくて困った経験はありませんか? セルを1つずつクリックしなくても、数式が入力されているセルを判別する方法を紹介します。

使ってる? データの順位を一瞬で見分けられる定番の「RANK.EQ」関数

データを見比べて順位付けをするとき、目視で処理していたりしませんか? 今回はデータの順番を一発で判定する定番の関数「RANK.EQ」(ランク・イコール)を紹介します。

▲分類インデックスに戻る

印刷とレイアウト

印刷でありがちな「セル内の文字欠け」を解消! 紙とインクの無駄も減らすワザ 人気

Excelの文書を印刷したときにセル内の文字が欠けてしまい、イライラした経験はありませんか? 印刷ミスを繰り返すと、時間も紙も、インクも無駄になってしまいます。ここでは、印刷ミスを最小限に抑えるワザを紹介します。

印刷時にはみ出す表を用紙1枚に収める最速の方法。倍率もチェックして見やすく印刷!

Excelで印刷するときにありがちな「表の1列分だけ2ページ目にあふれてしまう問題」。ここではフォントサイズや列幅の調整をせずに、一発で用紙1枚に収めるための時短ワザを紹介します。

今日の日付と会社のロゴ、全ページに入れるには? 共通要素を入れる場所は決まっている

Excelで作成した資料を印刷するとき、印刷日付やロゴの挿入に手間取っていませんか? こうした共通要素は、ワークシートの然るべき場所に入れれば手間とミスを減らせます。

表の印刷でイライラしてない? 3ステップで印刷ミスは減らせる

Excelで作成した表を見栄え良く印刷するのに苦労していませんか? 今回はどんな文書でも使える、印刷ミスを減らす「3ステップ」を紹介します。

印刷の残念な「文字切れ」をカンタン解消! 一括で行の高さに余裕を作るワザ

モニターで見ているときは問題ないのに、印刷するとセルの文字が全部印刷されない! 今回は印刷時によくある「文字切れ」の解消方法について紹介します。

「PDFで保存」を1クリックで! よく使う操作を超速で呼び出すクイックアクセスツールバー活用法

Excelの画面左上にある「クイックアクセスツールバー」は知っていますか? [上書き保存]や[元に戻す]など、もともとあるボタンに「PDF変換」を追加すれば、操作を大幅に短縮できますよ。

全ページに「和暦」で日付を入れたい! ヘッダーが「西暦」に固定される問題を解決するワザ

Excel文書の全ページに日付を入れたいとき、ヘッダーを使うことがよくあると思います。しかし、ヘッダーの日付は西暦に固定されており、和暦にはできません。今回は、この問題を解決する方法を紹介しましょう。

▲分類インデックスに戻る

データの入力・編集

連番、手入力してない? 仕事が速い人がやっている連続データの入力ワザ(前編) 人気

「1、2、3......」「10月1日、10月2日......」といった連続データの入力。Excelでよくある場面なだけに、時短のポイントがたくさんあります。今回は実務に効く「オートフィル」のテクニックを集めました。

1000件の連番、1年分の日付、どう入力する? 大量でも動じない連続データの入力ワザ(後編)

連続するデータ入力には「オートフィル」が便利。でも、ドラッグするのがつらくなるほどデータが大量の場合は? 今回は[連続データ]ダイアログボックスで、オートフィルの機能をフル活用する方法を解説します。

関数よりも便利!? 知る人ぞ知る「フラッシュフィル」はこんなときに威力を発揮する 人気

今回は、Excel 2013からの新機能「フラッシュフィル」を紹介します。データの法則性を見つけ出し、自動的にデータを入力できる機能です。シチュエーションによっては、関数よりも時短できるようになりますよ。

セルの枠線がない! 他人から受け取ったファイルで戸惑いがちな3つの設定を元に戻すには?

Excelファイルを開いたら、いつもと違う画面で困ったことはありませんか? シートが真っ白、シート見出しがない、列番号が数字になっている...といった設定を元に戻す方法を見ていきましょう。

氏名や地名の並べ替えがおかしいときに!「ふりがな」だけを修正する方法

氏名や地名で並べ替えたら正しい順序にならない......という経験はありませんか? 「ふりがな」が正しく設定されていないことが原因です。最短で正しい順序にするために、ふりがなの修正方法をマスターしましょう。

知ってる?「入力時メッセージ」。セルの選択時に説明文を表示して入力ミスを防ぐ

ほかの人にデータの入力を依頼する場合、セルに入力例や説明文などを表示できれば間違いを少なくできます。Excelの機能「入力時メッセージ」を活用しましょう。

○文字以下にして! 文字数制限とエラーメッセージで勝手なデータ入力を防ぐ

指定した文字数を超えたデータがセルに入力されたとき、メッセージを表示するように設定しましょう。複数人で手分けして入力するときの注意喚起だけでなく、1人で作業するときの入力ミスを防止する効果もあります。

▲分類インデックスに戻る

データの書式

セルじゃなくて「行全体」の色を変えたい! 条件付き書式を工夫して見やすくするワザ 人気

特定の条件に一致するセルを探して、自動的に書式を設定できるExcelの「条件付き書式」。通常はセルだけに適用されますが、行全体に適用すると一致したデータをよりわかりやすくできます。

使ったことある? 条件付き書式の「アイコンセット」で数値の増減を目立たせる

売り上げや販売数の表では、特定のセルに色を塗ったりして目立たせたいことがありますが、手動で書式設定するのは手間ですよね。今回はカラフルなアイコンをすぐに表示できる「アイコンセット」の基本を解説しましょう。

単位の直接入力はNG! 計算に困らない「正しい書式設定」を知る

セル内の数値に「単位」を付けたいことがありますよね。しかし、そのまま入力すると数値として計算できなくなって困った......なんてことが起こります。今回はセルの書式設定に関する悩みを解決します。

もっと速くできるかも? コピペを極める[貼り付けのオプション]活用法(前編)

セル選択、コピー、貼り付け、セル選択、コピー、貼り付け......。そんな作業を何度も繰り返していませんか? Excelでの「コピペ」を劇的に効率化する応用ワザについて解説します。

コピペの常識が変わる!後工程をラクにする [貼り付けのオプション]活用法(後編)

コピペ(コピー&ペースト)をさらに便利にする[貼り付けのオプション]、使っていますか? 今回は、貼り付けたあとの作業効率を高める、3つのオプションについて見ていきます。

条件付き書式の「書式」だけ残すには? 文字やセルの色を固定してコピーするワザ

データに応じて文字やセルの色を変更できる「条件付き書式」は便利ですよね。しかし、資料を仕上げるタイミングでは、書式だけを残したほうがミスがありません。実は簡単な方法があるのです!

罫線や色、何度も設定してない? セルの書式は「まとめて設定」が吉!

セルの罫線や塗りつぶしの色をそろえて、表の体裁を整えるとき、無意識に何度も繰り返し設定していませんか? 意外と時間のかかる「セルの書式設定」を効率的に済ませましょう。

「月」と入力せずに曜日を表示する方法、わかる? 書式設定の活用ワザ 4選

何気なく入力している「曜日」や「電話番号」などのデータ。実は、Excelの書式設定で入力の手間を大きく省けるのです。今回は書式設定の活用ワザを4つ紹介します。

速いのに正確!並べ替えのミスを防ぐ「フィルター」活用のススメ

Excelの表で、本来は1行にあるべきデータが特定の列だけズレていた...なんてミス、想像したくありませんよね。通常の並べ替えだけでなく、「フィルター」も上手に使いましょう。

五十音順じゃなく指定した順で! 独自の並べ替えは「ユーザー設定リスト」で解決

「社員名簿を部署単位で並べ変えたい」「住所のリストは北から順に並べたい」など、独自の基準でデータを並べ替えたいことはありませんか? その悩み、ユーザー設定リストで一気に解決できます。

行や列を隠すときに「非表示」はNG !? できる人は「グループ化」を使っている

今は必要ないけど、削除できない行や列をつい「非表示」にしていませんか? 実はその操作が、ムダな手間を生んでしまっているかもしれません。今回は、できる人が使っている「グループ化」機能を紹介します。

必ず使いたくなる! 実務にすぐ効く「テーブル」の3つのメリット 人気

Excelの「テーブル」は、表をデータのまとまりとして管理できる機能ですが、難しそうだから使っていないという人も多いかもしれません。今回はテーブル機能のメリットについて解説します。

VLOOKUP関数には「構造化参照」! テーブルを活用してデータの増減に自動対応する

ただでさえ複雑なVLOOKUP関数の数式を、参照先となる表の変更に合わせて修正するのは大変ですよね。今回はテーブルの応用例として、「構造化参照」のテクニックを解説します。

セルへの入力はすばやく正確に!「ドロップダウンリスト」の基本ワザ

役職名や部署名など、いくつかの決まったデータを入力するとき、すべてキーボードで手入力していくのは時間のムダです。選択式の「ドロップダウンリスト」を作成し、効率よく入力できるようにしましょう。

データに合わせて伸縮自在! ドロップダウンリストをメンテナンス不要にするワザ

決まったデータを入力するときに便利なドロップダウンリストですが、データが増減するときにはどうすればいいのでしょうか? ポイントは「テーブル」と「名前」の活用です。

アンケート集計後のマトリクス表を回答一覧に戻すには? 「ピボットテーブルウィザード」の活用法

アンケート結果を集計したマトリクス形式の表。これをリスト形式の表に戻して分析し直したいときは、どうしたらいいのでしょうか? 実はいい方法があるのです。

▲分類インデックスに戻る

ショートカット操作

マイナーだけど実務に効く! ショートカットキー5選(ファイル/ワークシート編)

今回は、Excelのファイルとワークシートに関連したショートカットキーを紹介します。「ショートカットキーならけっこう使っているよ」という人も、新しい発見があるのでは? 実務を振り返りつつ、おさらいしてみてください。

コピペすら省略可能! データ入力を爆速にするショートカットキー5選 人気

Excelのデータ入力で、コピー&ペーストすら不要になる操作があることをご存じですか? 実務でぜひ使ってほしい、5つに厳選したデータ入力のためのショートカットキーを紹介します。

セルと揃えるには「○○キー」! 画像をキレイに配置したいときに便利な3つのテクニック

Excelファイルに挿入した画像の調整に困っていませんか? 複数の画像が揃わなかったり、セルからはみ出してしまったりと、なかなか言うことを聞きません。今回は、表に画像を配置するときに便利なテクニックを紹介します。

見えているセルだけコピペしたい! 非表示の行と列を除いて選択する方法

表をコピペして再利用しようとしたら、非表示の行と列が含まれていて削除するのに苦労した......なんて経験、ありますよね。「見えているセル」だけを選択するワザを使えば解決です!

複数のセルに同じデータを一瞬で入力! コピペより速いショートカット&セル選択のワザ

複数のセルに同じデータを入力するときは、やっぱりコピペでしょうか? 実はデータの入力確定時にひと工夫するだけで、もっと速く済ませる方法があるのです!

「行全体を選択」にクリックは不要! セルの選択・操作を爆速にするショートカットキー5選

「複数のセルを選択」「行全体を選択」などの操作を、当たり前のようにマウスで行っていませんか? 今回は時間も疲れも省略できるショートカットキーを5つ紹介します。

▲分類インデックスに戻る

知らないと損! 意外と奥が深い[検索と置換]の応用ワザ5選

Excelの表からデータを探したいとき、[検索と置換]ダイアログボックスを呼び出しますよね。実は、基本の検索以外に高度な機能があります。今回は[検索と置換]のおさらいと、隠れた便利機能を紹介します。

まさに一瞬! セル内の「?」以降をまとめて削除するワイルドカード活用法

文字列の検索・置換には「ワイルドカード」が便利ですが、「*」や「?」そのものを検索したいときは? 今回はワイルドカードを使った実務で使える検索・置換テクニックを紹介します。

▲分類インデックスに戻る

グラフ

「グラフだけで1時間」からの脱却。思いどおりに仕上げる定番ワザ5選

Excelでグラフを作成するときに、よくある悩みを解決するワザを集めました。グラフの作成は、思いのほか時間がかかるもの。迷わず、すばやく、思いどおりに仕上げましょう。

グラフ、何となく作ってない? 目的にあったデータの見せ方とグラフの選び方

Excelでのグラフの作成は当然のように行う作業ですが、グラフの種類と、「そのグラフで何を表現したいのか」という目的はあっていますか? 正しいグラフを選ぶ基本を見ていきます。

「スパークライン」使ったことある? 表の数値を視覚化したミニグラフをセル内に入れる方法

Excelの表にミニグラフが挿入されているのを見かけたことはありませんか? これは1つずつグラフを作成してセルに埋め込んでいるのではなく、「スパークライン」の機能を使っています。数値を手軽に視覚化できる便利な機能です。

折れ線グラフにひと工夫! 見込みを点線、下側を塗りで表現するテクニック

「このグラフは上手いな」と思う資料を見かけても、自分では再現できないことって、ありますよね。見やすいグラフでよく使われているテクニックを紹介しましょう。今回は折れ線グラフ編です。

飛び抜けたデータを何とかしたい! 棒グラフを波線で省略して整える方法

棒グラフに1つだけ突出したデータがあって、ほかのデータが見にくくなってしまうことはありませんか? 今回は棒グラフにひと工夫するテクニックを紹介します。

円グラフを見やすく! 割合を上手に表現するドーナツグラフの基本ワザ 人気

全体の割合や比率を表すために円グラフを作ってみたけど、何だかイマイチ......。でも、ひと工夫で印象がガラッと変わりますよ。今回は簡単に見た目を整えるドーナツグラフの基本ワザを紹介します。

▲分類インデックスに戻る

ワークシートとブックの管理

大きな表を会議で見るなら必須! ムダにスクロールしないウィンドウ操作の鉄板ワザ3選

今回はExcelのウィンドウ操作に関するワザを3つ紹介します。セルやシートを見やすい状態にすれば、データの確認や入力が格段にやりやすくなるので、ぜひおさらいしてください。

使ってる?「Excel Online」。ちょっとした下準備でスマホからサクッと手直しできる!

いつも作業しているPCではない環境で、Excelファイルを確認したいことって、けっこうありますよね。覚えておくとイザというときに役立つ、Excel OnlineとOneDriveのワザを見てみましょう。

自分の名前がファイルに残る!? 作成者などの個人情報を削除する「ドキュメント検査」の使い方

Excelファイルには「作成者」や「最終更新者」として個人情報が埋め込まれていることを知っていますか? 社外の不特定多数とのやりとりでは、それらを消しておくと安心です。

自分で設定できる? Excelファイルにパスワードをかけて暗号化する方法

パスワードが設定されたExcelファイルを受け取ることはあっても、自分でパスワードを設定する機会はあまりないですよね。今回はセキュリティーの基本として、パスワードの設定・解除の方法を紹介します。

ファイルの保存場所、どうしてる? 毎回指定しているなら時短のチャンス!

Excelで新規作成したファイルを保存するとき、保存場所を毎回選んでいませんか? [名前を付けて保存]ダイアログボックスを開いて、目的のフォルダーを探して...といった無駄な操作は省略しましょう。

Excelの「おせっかい」をやめさせたい! 自分好みの作業環境にする2つの設定

Excelで文字を入力したら、続きが勝手に表示されて「それじゃない!」と思ったこと、ありますよね。2016では標準のフォントも変わってしまいましたが、こうした設定は[Excelのオプション]で自分好みに変更できます。

地味だけど便利! シートはファイル間でもコピーできるって知ってた?

シート全体を別のファイルにコピーしたいとき、コピー先にシートを追加して、コピー元のシートを全選択&コピー......なんて操作していませんか? その作業、もっと時短できますよ。

特定のセルだけ入力できる表を作るには? 「シートの保護」の正しい使い方

複数人で編集するファイルでは、特定のセル以外は編集禁止にしたいことがあります。これには「シートの保護」機能を使いますが、単純にシートを保護すると全セルが編集禁止になってしまいます。正しく使う方法を見ていきましょう。

▲分類インデックスに戻る

エラーへの対処

意外と知らない「参照元のトレース」。エラーの原因になっているセルを一瞬で見つけられる!

Excelで数式を入力すると、「#DIV/0!」と表示されることがあります。ほかにも「#N/A」「#NAME?」などを見かけますが、これは何かの問題を表す「エラー値」です。今回はエラーの原因の探し方を紹介します。

ファイルを開いた直後に「リンクエラー」!? 正しい対処法を理解する

Excelファイルを開いたら「このブックには、安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが〜」というエラーが表示されたことはありませんか? よくわからないまま、やり過ごすのはNGです。このエラーの対処法を紹介しましょう。

▲分類インデックスに戻る

マクロ

「究極の時短」への入り口。操作を記録して自動化するマクロの基本を知る

「マクロ? どうせ難しいから無理」と思っていませんか? Excelの操作を自動化できるマクロは、業務効率化にも大きく役立ちます。今回は「PDF形式にしてデスクトップに保存する」操作を例に、マクロの基本を覚えてみましょう。

記録したマクロを自分仕様に! 「VBA」によるカスタマイズに挑戦

マクロの記録はしてみたものの、あまり時短になっていないような......。そんなときは、マクロのカスタマイズに挑戦してみましょう。例として、PDF形式で保存するときに自動でワークシート名がファイル名に付加されるようにします。

▲分類インデックスに戻る


最新記事から読みたい場合は、連載「エクセル時短」のトップページをご覧ください。

関連まとめ記事